永遠の夢に向かって土星探査機 カッシーニ

 

土星探査機 カッシーニ

土星探査機 カッシーニ















gjkghjkhjkhjkhjk.jpg

















Cassini Solstice Mission(NASA公式サイト)

Cassini-Huygens(ESA公式サイト)





































































2017年で15周年、土星探査機カッシーニの業績

カッシーニ (Cassini-Huygens) は、アメリカ航空宇宙局(NASA)と欧州宇宙機関(ESA)によって開発され、1997年に打上げられた土星探査機である。カッシーニは、金星→金星→地球→木星の順にスイングバイを行なって土星軌道に到着した。カッシーニには惑星探査機ホイヘンス・プローブ (2.7 m、320 kg) が搭載されており、タイタンでカッシーニより切り離されてタイタンに着陸し、大気の組成・風速・気温・気圧等を直接観測した。カッシーニとホイヘンスよりなる土星探査はカッシーニ・ホイヘンス・ミッションと呼ばれ、欧米18カ国の科学者約260人が参画している。カッシーニの名は、天文学者ジョヴァンニ・カッシーニに、ホイヘンスの名は同じく天文学者クリスティアーン・ホイヘンスに由来する。当初はガリレオ同様に小惑星に接近する計画であったが、予算の都合により断念された。1997年10月15日、カッシーニは、アメリカ、フロリダ州ケープカナベラル空軍基地からタイタンIV型ロケットによって打ち上げられた。6年以上の歳月を費やして土星に到着、2004年7月1日に周回軌道に乗った。以降、土星や多数の衛星の画像約30万枚と、観測データ450ギガバイト近くを送り返している。2017年まで延長された土星探査ミッション終了後、2017年9月15日、カッシーニ本体を土星の大気圏に突入させて運用を終了する。この方法によって、探査機に付着している可能性がある微生物などが、土星の衛星を汚染するのを防ぐことができる。過去にも多くの探査機が運用終了と同時に探査目的の惑星に突入させられている。1997年10月15日、カッシーニは、アメリカ、フロリダ州ケープカナベラル空軍基地からタイタンIV型ロケットによって打ち上げられた。6年以上の歳月を費やして土星に到着、2004年7月1日に周回軌道に乗った。以降、土星や多数の衛星の画像約30万枚と、観測データ450ギガバイト近くを送り返している。 100万キロ以上の距離から北半球を撮影した画像を科学者チームが合成、赤、緑、青の三原色フィルターを用いて自然な色を再現している。 「画像を処理していると、カッシーニが到着した2004年に比べ、大気の色が明らかに変化していることに気づいた」と、カッシーニ画像分析チームを率いるキャロライン・ポルコ氏は語る。同チームは、コロラド州ボルダーにある宇宙科学研究所(Space Science Institute)を拠点として活動している。 「10年以上も詳細な観察を続けてきたからこそ得られた成果だ。季節の移り変わりによるわずかな変化をとらえることができた」。同氏は、カッシーニの画像、合成画像、動画のほとんどを手掛けている。 2017年まで延長された土星探査ミッション終了後の運命はまだ決まっていない。今のところ、タイタンやエンケラドスなど衛星の環境汚染を防ぐため土星に投入され、大気中で最期を迎える。

月探査情報ステーション

土星探査機「カッシーニ」がついにガスの環に突入!史上初の土星接近画像が公開される

















40dgdfghdfgdf1600.jpg

















STAR



Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif