永遠の夢に向かってワイルドスピード

 

ワイルドスピード

ワイルドスピード

















d160724389c17cd151a9f25c45f8d5ca-widescreen-1440-960_convert_20170430013454.jpg

















MITSUBISHI MOTORS








































映画『The Fast and the Furious(ザ・ファスト アンド ザ・フューリアス)』

「FAST」の読みは「ファースト」ではなくそのまま「ファスト」で意味は「速さ」。「Furious」は「フューリアス」って読みます。意味は直訳すると「怒り狂った、激しい」です。タイトルの「ザ・ファスト アンド ザ・フューリアス」としての意味は「ものすごい速く」です。ワイルドスピードの世界観にぴったりの表現、ワイルドスピードというタイトル、日本向けの題名で、原題は”The Fast and the Furious(ザ・ファスト アンド ザ・フューリアス)“と言います。『ワイルド・スピード』原題『ザ・ファスト アンド ザ・フューリアス』(THE FAST AND THE FURIOUS)は、ストリート・レーシングをテーマとしたカーアクション映画のシリーズである。2017年5月で8作目までが公開されており、すべてユニバーサル・ピクチャーズの製作である。シリーズの時間軸は、1作目→2作目→4作目→5作目→6作目→3作目→7作目→8作目の順となっている。『ワイルド・スピード』(The Fast and The Furious)は、2001年のポール・ウォーカーとヴィン・ディーゼル出演、ロブ・コーエンが監督したカー映画。ロサンゼルスを舞台にドラッグレース(ゼロヨン)に熱中するストリート・レーサーたちを題材としたカーアクション映画である。当時のアメリカのストリート・レース文化にのっとり、スポーツコンパクトと呼ばれるカテゴリの日本車が数多く登場する。ストリート・カーレースに大金を賭ける若者たちが、夜な夜な集まるロサンゼルス。ある夜、ストリート・レーサー達をとり纏める凄腕ドライバーのドミニクは、一人の白人・ブライアンに勝負を挑まれる。ブライアンは勝負に負けるが、勝負への姿勢をドミニクに気に入られ、行動を共にすることになる。だが、ブライアンの正体は実は警察官であり、高額な貨物を載せたトラックが次々と改造車の集団に襲われるという事件を追って、潜入捜査のため彼らに接触したのだった。身分を隠してストリート・レーサーの仲間となったブライアンだったが、やがてストリート・レーサー達に対する友情が芽生える。しかし、ジョニー・トランのグループによるレーサー同士の抗争に巻き込まれ、事態は思わぬ方向に進展してゆく。


三菱・エクリプス

エクリプス(ECLIPSE )は、三菱自動車工業株式会社の米国法人、ダイアモンド・スター・モーターズが生産していた自動車である。販売は北米市場を中心に展開されていた。3代目までは日本でも販売されていた。ただし3代目はモデル末期になって左ハンドルのままスパイダーのみが2004年から2006年まで輸入されていた。1980年代後期、三菱自動車が北米市場で展開していたラインナップにあったスポーツカーは「スタリオン」のみであった。当時はコンパクトカーを中心に小型車、ポニーカーの人気が高まっていた時期でもあり、現地で展開していた日本メーカーにはマツダ・サバンナRX-7や日産・300ZX、トヨタ・スープラなど強力なライバルがいた。しかしスタリオンだけでは訴求力に欠いており、新たなモデルの開発の必要に迫られていた。また時を同じくして当時提携関係にあったクライスラーでは、同社で販売していたレーザーがモデル末期に差し掛かっており、このクラスの後継車の開発の必要に迫られていた。類似したコンセプトの車種の開発に迫られていたこともあり、三菱とクライスラーは新型車の開発で協業することとなる。かねてからの課題であった輸入車規制に対して対応する必要があったこともあり、両社は北米市場で展開する小型車を生産するための合弁企業「ダイアモンド・スター・モーターズ(DSM)」(現在のMMNAのディビジョンのひとつ)を1985年10月に設立し、新型スポーツカーの開発に取り組むこととなった。DSMはその出資比率により設立当初から三菱色が強く、これにより新型スポーツカーの開発にはギャランをベースとすることとなった(DSMで生産されている車はその後も三菱車か、あるいはそれがベースとなっているものがほとんどである)。こうしてエクリプスは誕生し、市場に展開されることとなった。 なお、クライスラーによるバッジエンジニアリングが前提であったため同時期に姉妹車である「プリムス・レーザー」、「イーグル・タロン」も展開されている。北米市場では姉妹車を含めて大きなヒットを飛ばし、スポーツコンパクトカーの代名詞とも呼べる存在になった。エクリプスは北米市場以外にも展開されており、初代モデルから3代目までは日本でも左ハンドルのまま導入されている。しかし元来北米市場をターゲットにしているためか、スタリオン同様に日本のユーザーにはあまり受け入れられなかったようで、日本での販売数は芳しいものではなかった。2代目(1994年 - 2000年)1994年6月(日本では1995年6月)にデビュー。日本輸入モデルの駆動方式はFFのみとなる。外観は先代に比べ丸みを帯びたマイルドなデザインとなった。先代同様同時期に開発されたギャランの基本コンポーネントを流用しており、シャシも同一のため部品の互換性も高く、カスタムを行なうユーザーに好意を持って受け入れられた。これにより先代同様ヒットを飛ばし、エクリプスはスポーツコンパクトとしての地位を確たるものとした。1996年からはスパイダーが追加された(日本も同様)。なお、このモデルにおいて「イーグル」へのバッジエンジニアリングの供給は終了している。日本で販売された当初、三菱レンタカーでは8500円 (ちなみに当時のレートで約100ドル) で乗れるキャンペーンを行なっていたことがある。















98hjkhjkhjkhjk.jpg
















STAR





Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif