永遠の夢に向かって地球が丸いから、僕はうっとりとする

 

地球が丸いから、僕はうっとりとする

地球が丸いから、僕はうっとりとする















14666341516-1000x500.jpg
















The Beatles - Because
































「ビコーズ」(Because)は、1969年に発表されたビートルズのアルバム『アビイ・ロード』に収録されたジョン・レノンによる曲(クレジットはレノン=マッカートニー)である。ジョージ・マーティンによるエレクトリック・ハープシコードのイントロに始まり、ジョンによるレスリー・スピーカーを通したギターが入った後、三声のヴォーカルとポールのベースが重なる。中間部のホルン風の音はジョージ・ハリスンによるモーグ・シンセサイザーの演奏であり、ビートルズの録音でモーグが使用されたのはこれが初めて[要出典]。また、リンゴ・スターはリズム用のハイハットを叩いていたが、収録されていない。ヴォーカルはジョン、ポール、ジョージの声をそれぞれ3回ずつ重ねたもので、ポールが高音、ジョンが中音、ジョージが低音を担当している。この曲は、オノ・ヨーコがピアノでベートーヴェンの月光ソナタを弾いていた時、ジョンが冗談で、譜面を上下逆さまにしたら、ヨーコも面白がって、逆さになった譜面をそのまま弾いて見せたところ、そのメロディが意外と面白く、それにインスパイアして作られたと言う。ただ、ジョンはこの曲のアレンジは気に入っていない。一方、ポールとジョージはこの曲が「アビー・ロード」の中で一番好きな曲であると明言している。歌詞は「地球が丸いから、僕はうっとりとする」などといった、後のラヴを想起させるシンプルにして深遠な内容のものになっている。















STAR





Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif