永遠の夢に向かってジェラス・ガイ

 

ジェラス・ガイ

ジェラス・ガイ















johnlennoebuseonly.jpg
















ジョン・レノンが生涯愛したファッションアイテム































ジェラス・ガイ(Jealous Guy) は、1971年に発表されたジョン・レノン(John Lennon)の楽曲。ソロ・アルバム『イマジン』に収録されている。「ジェラス・ガイ」はビートルズ(The Beatles)時代の1968年、ヨガの導師マハリシ・マヘシ・ヨギの講義を受けるためインドに滞在していた折に作曲された。この時は「チャイルド・オブ・ネイチャー」というタイトルで、メロディ・ラインこそ同じだが、歌詞・アレンジがまったく違っていた。「チャイルド・オブ・ネイチャー」の一部は『レット・イット・ビー...ネイキッド』のボーナスCD『フライ・オン・ザ・ウォール』で聞くことができる。「チャイルド・オブ・ネイチャー」は、1968年のホワイトアルバムのセッションや翌年のゲット・バック・セッションでも録音されたものの、発表されなかった。そして、そのままビートルズは解散した。その後、ジョンは、歌詞をオノ・ヨーコに自身の嫉妬深い性格をわびる内容に改め、アレンジもフィル・スペクターに依頼しピアノ・バラード調に変えた。「チャイルド・オブ・ネイチャー」は「ジェラス・ガイ」として変更され、アルバム『イマジン』に収められた。ジョンの生前にはシングル・カットされることはなかったが、1981年東芝EMIより日本独自の追悼シングルとして発売された(B面曲は『心の壁、愛の橋』の収録曲「愛を生き抜こう」)。また1988年に『イマジン・オリジナル・サウンドトラック』が発売された折には全世界でシングル発売された。なお、この曲でヴィブラフォンを担当したアラン・ホワイトは、2001年のインタビューで、トイレの中でヴィブラフォンを叩いたエピソードを明かしている。














lennon.jpg















STAR






Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif