永遠の夢に向かって『ザ・コンサルタント』

 

『ザ・コンサルタント』

『ザ・コンサルタント』















The-Accountant-Wallpapers-5_convert_20170425114933.jpg















『ザ・コンサルタント』日本版公式サイト

















































ヘンな髪型のもっさり中年ヒーロー

ベン・アフレックがイケメンかどうかについては意見が分かれるだろう。端正な顔立ちではあるが、生気のない目とケツあごの組み合わせでは典型的な美男にならない。加えて、あの過剰なマッチョさである。筋肉が大好きで毎日トレーニングを積んでいるらしいが、体つきがおっさんくさい。バランスが悪くてもっさりしているのだ。そういう意味ではバットマンは似合っていたのかもしれない。悩んでばかりのダークヒーローは、重厚で陰鬱(いんうつ)な雰囲気を全身から発散する。インテリ設定なのに、見た目は暴力性を秘めた肉体派だ。彼にうってつけの役だと思っていたら、『ザ・コンサルタント』で演じた人物はもっとハマり役だった。クリスチャン・ウルフは田舎町で会計コンサルタントをしているが、裏の顔は腕利きの殺し屋である。地味なスーツを着てメタルフレームのメガネをかけた姿は、やぼったくてさえない中年男性そのものだ。髪型がヘンである。コテで固めたような寸分たりとも乱れのないフォルムで、場末の床屋に貼ってあるヘアスタイルの見本に似ている。すべてをコントロールし、無秩序を許さない人物であることが視覚的に示されているのだ。彼は幼い頃からジグソーパズルが得意だった。ソロモン・グランディを歌いながら体を揺らし、またたく間にピースを組み上げていく。完成しても、なぜか絵は現れない。裏返しにしてピースの形だけを頼りにパズルを解いていたのだ。彼は同じTシャツばかりを着ていて、別の服は嫌がる。一つのことに執着し、集中すると類まれな能力を発揮する。『レインマン』でダスティン・ホフマンが演じた人物と似たタイプなのだ。


ガレージ入庫のルーティーン

ウルフの父親は、周囲の人間とは違うことで彼が将来苦労するのではないかと心配し、一人で生き抜けるよう特訓する。職業軍人だから、指導は厳しい。弟と素手で殴り合うように命じ、倒れてもすぐに立ち上がらせて試合を続行する。格闘技の師匠はシラットの達人だ。東南アジアに古くから伝わる実戦重視の武術である。ウルフは飛び抜けた集中力を生かして会計士になり、鍛え上げた肉体と武闘能力で殺し屋としてもトップに立つ。普段は死んだ目をした感情を見せない無愛想なオヤジだが、時に荒ぶる暴力性を解放するのだ。ヒーロー像としてはこれまでになかった造形で、ベン・アフレックのアンバランスなキャラクターが生きる。彼の日常はルーティーンで埋め尽くされている。食事はパンケーキと目玉焼き、ベーコンを規則正しく並べたものだ。決まった時間に爆音でロックを聞きながらスネ毛の手入れをする。通勤に使うのは「フォードF-150」で、交通規則を守って安全運転するのは当然だ。家が近づくとリモコンのスイッチを押し、ガレージのシャッターが開くと同時にクルマを滑り込ませる。ウルフは反社会的勢力のマネーロンダリングを請け負いながら、一般企業の仕事も引き受けていた。闇社会だけを相手にしていると怪しまれるからだ。ハイテク義肢や無人兵器を製造するリビング・ロボティクス社から、経理の不正を調査するよう依頼される。彼は超人的な集中力を発揮して帳簿の偽装を暴き出すが、途中で調査終了を通告されてしまった。


トレーラーは秘密基地

いったん始めたことは、最後までやり通すことに決まっている。ウルフはジグソーパズルのピースが1つ見つからないだけで暴れだすような子供だった。訓練によって感情を抑えられるようにはなっていたが、冷静ではいられない。いつものようにF-150で帰宅するが、心の乱れからシャッターを開けるタイミングがずれてしまう。上がりきる前にガレージに到着し、急ブレーキをかけなければならなくなる始末だ。イラつく気持ちを静めようと顧客の老夫婦が暮らす農場を訪れるが、「フォード・トーラス」でやってきた男たちに襲撃される。何者かがウルフ抹殺を命じていたのだ。警察も動いていた。闇社会相手に荒稼ぎしている会計士を放置しておくわけにはいかない。ウルフは窮地に立たされる。彼は反撃態勢を整えるため、もう一つの家に向かった。超高級大型トレーラーの「エアストリーム・パンアメリカ」である。全長は10mほどで、キッチンやシャワールームも付いた動く別荘だ。クロゼットには同じ服が何着も並び、隠し部屋は武器庫になっている。彼の几帳面さが現れた秘密基地で、敵地に乗り込む準備が完了した。ヒーローが完全無欠だったのはいつのことだろう。ジェームズ・ボンドだって最近は心の傷を抱えていたりする。『アベンジャーズ』は仲間同士でいがみ合ってばかりだ。ウルフも素直に感情移入できる正義の味方ではないし、差別される側でもある。難しいキャラクターだが、ベン・アフレックが見事にリアリティーのある人物を作り上げた。この作品には恋愛要素がゼロだ。女性は登場するものの、ウルフはハグさえ拒否する体質だから何も起こらない。彼は真性のD.T.である。リア充ヒーローの時代は終わったのだ。


ザ・コンサルタント

『ザ・コンサルタント』(The Accountant)は、2016年製作のアメリカのアクション映画。ベン・アフレック主演。田舎町のしがない会計士クリスチャン・ウルフにある日、大企業からの財務調査の依頼が舞い込む。調査をしたウルフは重大な不正を見つけるが、その依頼は何故か突然一方的に打ち切られてしまい、さらにその日から、ウルフは何者かに命を狙われるようになる。実はウルフは、世界中の危険人物の裏帳簿を仕切り、年収10億円を稼ぎ出す命中率100%のスナイパーという、もう一つの顔があったのだ。
















STAR






Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
BAJA 1000  ←BAJA 1000 【2017年04月】の更新記事一覧 →マウンテンデュー  マウンテンデュー
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif