永遠の夢に向かってハイラックスサーフ 日本国内発売決定

 

ハイラックスサーフ 日本国内発売決定

ハイラックスサーフ 日本国内発売決定

















2017t-03281.jpg
















アメリカ版ハイラックスサーフ「4Runner」































































トヨタ 新型 ハイラックスサーフ ピックアップトラックを2017年8月 日本国内発売決定

ハイラックスサーフ(Hilux Surf)は、トヨタ自動車株式会社の大型SUVである。設計は日野自動車主導で、開発と生産は日野とトヨタの共同となる。北米などへは「4Runner」(フォーランナー)という名称で輸出されている。日本国内では、2009年8月まで販売していた。かつてはその名の通りハイラックスをベースとしていたが、最終モデルはハイラックスの後継のタコマのグループとなり、フレームの基本部分をはじめ、サスペンション、エンジン、ドライブトレーンなど、下回りの多くをタコマ、FJクルーザー、ランドクルーザープラドと共用している。その関係で、生産は日野自動車羽村工場で行われている。トヨタ店の扱い車種には、トヨタ・クラウングランドサーフ、トヨタ・カリーナサーフなどのステーションワゴンや、トヨタ・マスターエースサーフなどのワンボックスワゴンのように、他にも「サーフ」を冠した車種があったが、単に「サーフ」と言えばハイラックスサーフを指すことが多い。コンパクトピックアップトラックのハイラックスをベースに、FRP製シェルを架装し、ミニRV(キャンピングカー)とした車両。設計、架装、および販売は米国のウィネベーゴインダストリー(Winnebago Industries)。この時点ですでにハイラックスサーフのコンセプトが完成している。「ウィネベーゴ・トレッカー」 (Winnebago Trekker )の車名で1981年に販売が開始され、1983年の後半まで販売された。トヨタはベース車としてハイラックスのシャーシを提供し、ウィネベーゴで架装。トヨタから提供されるハイラックスはボンネットと運転席のみで、荷台を装備していないキャブシャーシの状態であった。4輪駆動だけではなく2輪駆動もあった。ウィネベーゴの工場では、ハイラックスのフレーム上にFRP製のボディ、および内装トリムを架装した。トップは、サイドウィンドウ部とリアハッチ部まで一体化された取り外し可能なハードトップ(リムーバブル・ハードトップ)で、テールゲートはフレームレスのグラスハッチ仕様であった。現在、ピックアップトラックをベースとしたワゴンはSUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)のカテゴリーに属するが、当時、SUVと言う用語は、北米以外ではまだ一般的に広まっていなかった時代の製品である。トレッカーの本格生産と並行して、トヨタはその他の会社とも同様の架装モデルを生産していた。ある会社からはWolverine、Griffith社からはBlazer(あるいはTrailBraizer)と名づけられたハイラックスのコンバージョンモデルも架装、販売されていたといわれている。ウィネベーゴは、このトレッカー以降の1990年代にも、ウィネベーゴ・ウォーリアーなどでハイラックスをベースにマイクロミニクラスCの本格的モーターホームをシリーズとして製作、販売し、トヨタとの関係が続いていた。














1140c93d7fcb12cbc39d0db1914dd421.jpg
11662213bc777eca135db1718c0bb7fc_convert_20170422232528.jpg
















STAR






Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif