永遠の夢に向かってHONDA CB1100R CONCEPT 2

 

HONDA CB1100R CONCEPT 2

HONDA CB1100R CONCEPT 2


















FDSFSDFSDFSFS.jpg


















本田技研工業株式会社






























































コンセプト(concept)は、「概念」を表す言葉です。日本語でコンセプトの語を用いる場合は、「全体を貫く基本的な概念」を表す。CB1100Rは本田技研工業株式会社がかつて製造・販売したオートバイである。CB900Fを元に開発され、1981年から1983年まで限定生産されたスポーツバイクである。レース出場を強く意識したモデルで1980年代に市販車をベースに改造したマシンで戦われる耐久レースを舞台に活躍した。全世界で5000台程度といった希少性や新車価格にして250万円という価格設定から、2012年現在においても中古市場で200万円程度を維持している。車名は、CB1100RB(1981年)・CB1100RC(1982年)・CB1100RD(1983年)。型式名はRBがSC05、RCとRDがSC08。RBは1,050台、RCとRDはそれぞれ1,500台がヨーロッパおよびオーストラリアでのホモロゲーションをクリアするために生産され主に欧州で販売された。排気量1,100ccの空冷4ストローク直列4気筒DOHCエンジンを搭載し、1981年モデルのRBは最高出力115 hp (86 kW)@9000 rpmをマークする。車名の「R」はレーシング・バージョンを意味しており、実際に装備されるパーツもART製鍛造ピストン・強化プライマリーチェーン・簡単に脱着でき極限まで小型化されたジェネレータ・当時では珍しいクリップオンハンドルのほか、車体もCB900Fではエンジンの脱着を容易にするためにダウンチューブが一部ボルトオン構造となっていたフレームを強度を優先するために一体化し、軽量化の観点からFRP製カウリングや容量26の燃料タンクはアルミ製。生産作業も手組みとされた。1981年の「RB」はノンカウル(RB-I)とハーフカウル(RB-II)がありシングルシート仕様であったがRCからはフルカウル・アルミ製燃料タンク・後部シートが装着された。82年型(RC)と83年型(RD)では、主に塗装が白の部分をパールホワイトに、赤と青の部分をメタリックに、アッパーカウルをレースレギュレーションに合わせ前後長を短縮・スイングアームならびにフロントフォークを変更した。1983年にはCB900FとCB1100Rが統合されたCB1100Fが発売された。


















mc0709054h_convert_20170420022056.jpg


















STAR


Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif