YAMAHA V STAR

YAMAHA V STAR


















TYHTFRYTRYHTRY.jpg



















ヤマハ発動機株式会社













































Vスター(V Star)は、ヤマハ発動機が製造販売しているクルーザー(アメリカン)タイプのオートバイシリーズ。北米市場向けの輸出専用モデル名称として、排気量別に数車種が販売されている。「Vスター」シリーズは、北米市場専用の車種名である。日本国内仕様モデルや欧州一般仕様モデルとは異なる名称を販売名とし、おもに XVS 系モデルからなる独自シリーズを展開している。シリーズのラインナップとしては、1996年に発売された1100ccクラスと650ccクラスのドラッグスター、2008年モデルから名称変更を受けた250ccクラスのビラーゴ、2007年モデルとして登場した1300ccクラスと2009年モデルとして登場した950ccクラスのミッドナイトスターなど、これらのモデルを統合することにより構成されている。「スターモーターサイクルズ」は2005年より始動したヤマハUSAのクルーザーモデル専用ブランドである。従来のロイヤルスター、ロードスター(XV1700系)、Vスター(日本国内版のドラッグスターに相当)、ビラーゴ(2008年以降はVスターに編入)、V-MAXのラインナップ構成を刷新し、1900ccクラスのロードライナーとストラトライナー(欧州一般仕様のXV系ミッドナイトスターに相当)を加え、XV1700シリーズのウォーリアをロードスターから独立させた新ラインナップで構成された。後に、1300ccクラスと950ccクラスのVスター(欧州一般仕様のXVS系ミッドナイトスターに相当)を加え、XV1900系の派生モデルとなるレイダー、XVS1300系の派生モデルとなるストライカーなどが登場した。また2013年には、日本国内仕様としても発売された950ccクラスの新型機種ボルト(2014年モデル)がラインナップに加わっている。

ロイヤルスター(Royal Star)は、ヤマハ発動機が製造販売していたクルーザー(アメリカン)タイプのオートバイ。シリーズ車種として派生モデルを含めて全4種がラインナップされた。ラインナップ中最大排気量を誇る1300ccクラスのフラグシップモデルとして1996年に登場。搭載されるDOHC水冷V型4気筒は、ツアラータイプのモデルベンチャーロイヤルにて初採用され、VMAXへと受け継がれた系列のエンジンを継承したもの。ヤマハ製クルーザーの頂点としての座は、1999年に登場したOHV空冷V型2気筒エンジンを搭載するXV1600Aロードスターへと受け継がれたものの、以後も生産を継続された。日本国内においては1998年が最終モデルイヤーとなり、2000年が最終ラインナップとなった。他方、輸出仕様については生産が継続されており、2013年モデルの「ロイヤルスターベンチャーS」が継続販売されている。

















2015-Yamaha-V-Star-1300-Deluxe1_convert_20170418222102.jpg


















STAR




Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif