永遠の夢に向かってブギーナイツ

 

ブギーナイツ

ブギーナイツ

















boogienights5.jpg



















Boogie Nights 1997




































『ブギーナイツ』(Boogie Nights)は1997年制作のアメリカ映画。本作は1988年のポール・トーマス・アンダーソン監督・脚本の短編映画『The Dirk Diggler Story』を長編に作り直したものである。1970年代末から1980年代にかけてのポルノ業界の光と影にスポットライトを当てた作品で、公開当時は一部で内幕モノで特に監督と主演俳優の確執、特に主役のエゴを描いた事から、フランソワ・トリュフォーの『アメリカの夜』を思わせる内容だとして“ポルノ業界版「アメリカの夜」”と称された。ナイトクラブでアルバイトをしていたエディ・アダムス(マーク・ウォルバーグ)は、ある日、ポルノ映画の監督であるジャック・ホーナー(バート・レイノルズ)に見込まれスカウトされる。ポルノ業界に飛び込んだエディ・アダムス(マーク・ウォルバーグ)は「ダーク・ディグラー」という名前を与えられ、出演作品はヒット、ポルノ映画の賞も受賞するなどしてスターダムにのし上がっていく。名声を手にし、贅沢な生活を楽しむエディ・アダムス(マーク・ウォルバーグ)だが、次第にコカインやメタンフェタミンといった麻薬に手を出すようになる。やがて時代の波で彼らにも暗雲が立ち込め、監督との確執や転落という憂き目にも遭う。


















blue-life-boogie-nights-bodysuit-black-2.jpg

















STAR






Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif