永遠の夢に向かってランドクルーザー

 

ランドクルーザー

ランドクルーザー















元ランクル・オーナーだった自分。はじめて手に入れて運転した感動が忘れられない。この車は特に印象深い。所有した人にしか味わえない特別な感情、ただの機械、道具としか思わないでは、もったいない。















BXCBXCB.jpg


















トヨタ ランドクルーザー トヨタ自動車WEBサイト










































小鑓貞嘉(こやり・さだよし)。京都市出身。1985年トヨタ自動車入社。シャシー設計部でハイラックス、ランドクルーザープラドのサスペンションを担当。1996年に製品企画部門に異動し、ダイナのフルモデルチェンジに携わり、2001年からランドクルーザー、タンドラのプラットフォーム開発に従事。2007年からランドクルーザーのチーフエンジニアとして開発を指揮。会社生活29年間、一貫してフレーム車に関わる開発業務を手掛ける。大学時代に自動車部で始めた国内ラリー競技の魅力にはまり、トヨタ自動車に入社後も含め17年間参戦。I LOVE CAR,LAND CRUISER!。ランドクルーザーシリーズのチーフエンジニアである小鑓が語る車の哲学と理念。発売30周年を記念して限定発売されたランドクルーザー70に対する想いやファンに向けたメッセージ。そのクルマがあるから 見ることのできる景色がある。長年にわたり世界の道を繫ぎ、走り続けてきたランドクルーザー。その世界での活躍と人々の生活との係わり合い。世界中で愛され頼られるランドクルーザー。ランドクルーザー(LAND CRUISER)は、トヨタ自動車が製造する最上級モデルの大型クロスカントリー車である。日本では「ランクル」と通称される。世界で最も知名度の高いSUVのひとつともいわれ、その耐久性は世界中で高い評価を受けている。「ランドクルーザー」という車名は1954年6月より使用されており、現在では(2017年時点)、一つの車名で継続生産されている日本製の自動車としては63年を超える最も長い歴史を持つ。4ドアの大柄な車体と、先進および高級装備を持つ「ステーションワゴン」、主に業務用途向けとして多彩な車種を展開する「70ヘビー系」(ヘビーデューティー)、そして、「70ライト系」(ライトデューティー、日本国内での車名はランドクルーザーワゴン)から発展した「ランドクルーザー プラド」の、車格も仕様もまったく異なる三系列が並行して生産、販売されている。現在のステーションワゴンは、レクサスLX570の姉妹車でもあるV型8気筒エンジンを搭載したランドクルーザー200であり、欧州など、仕向け地によっては車名がランドクルーザー V8 となる(100系の欧州名はアマゾン = Amazon )。100系時代のランドクルーザーシグナスは、日本国外のレクサスブランドでLX470として販売されていたものを日本国内販売したものであったが、日本でのレクサスブランド導入に伴い、200系では廃止された。 日本国内のレクサスブランドにおけるLXの投入は、初代モデルから3代目中期モデルまで日本では販売されてなかったが、2度目のマイナーチェンジに伴い2015年(平成27年)9月から日本国内でもLX570のみが発売されることになった。ランドクルーザーの源流はヘビー系にあり、現行モデルの70系では、日本製クロスカントリーカーとしては初となるV型8気筒ディーゼルエンジンを採用し、長大な車体を持つ78と79を中心に世界各国に向けて輸出が続けられている。日本国内では貨物登録(1、4ナンバー)となっていたこともあり、NOx規制法およびPM規制条例の影響により、2004年(平成16年)7月に販売を終了していたが、復活を望むファンの強い要望に応え、誕生30周年を記念して2015年(平成27年)6月30日生産分までの期間限定で約10年ぶりに再発売された。ランドクルーザー プラドは、タコマ/ハイラックスサーフとシャシやエンジン、ドライブトレインの多くを共有するモデルで、2ドアのショートと4ドアのロングのバリエーションを持ち、と直4のガソリン、ディーゼルエンジンを積む(過去にはV6ガソリンエンジンモデルもあったが廃盤)。ランクルワゴンの伝統に則り、乗用車並みの装備を持つワゴンと業務用途の簡素なバンをラインナップしている。欧州やアフリカでの名称には「プラド」は使われず、ランドクルーザーのみである。北米では、レクサスブランドにおいてGX470として販売されている。日本ではNHKをはじめ各放送局の取材車や中継車としても利用されている。なお、同タイプの日本メーカー製車両としては三菱・ジープや、日産・パトロール(後のサファリ)がある。


















STAR





Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif