永遠の夢に向かって三日見ぬ間の桜

 

三日見ぬ間の桜

三日見ぬ間の桜

















さくら さくら

やよいの空は 見わたす限り

かすみか雲か 匂いぞ出ずる

いざやいざや 見にゆかん



さくら さくら

野山も里も 見わたす限り

かすみか雲か 朝日ににおう

さくらさくら 花ざかり

















image213.jpg


















桜開花・桜満開予想日









































三日見ぬ間の桜 ( みっかみぬまのさくら )

世の中は、3日見ないうちに散ってしまう桜の花のようなものだ。世の中の移り変わりが激しいことのたとえ。「世の中は三日見ぬ間に桜かな」とも。この世のはかないことをいう。


明日ありと思う心の仇桜 ( あすありとおもうこころのあだざくら )

桜は明日もまだ美しく咲いているだろうと安心していると、その夜中に強い風が吹いて散ってしまうかもしれない。 人生もそれと同じで、明日はどうなるか、わからないという人生のはかなさを言ったことば。


桜切る馬鹿梅切らぬ馬鹿 ( さくらきるばかうめきらぬばか )

桜と梅の剪定(せんてい)法に違いのあることを教える言葉。桜は幹や枝を切るとその部分が腐りやすいが,梅は余計な枝を切らないと翌年花が咲かなくなる,という違いからいう。


桜花爛漫 (おうからんまん)

桜の花が満開になって、みごとに咲き乱れているさま。「爛漫」とは花が咲き乱れるさま。


さくらさくら 日本古謡/弥生の空に見渡す限り さくらさくら花ざかり

『さくらさくら』は、作者不詳の日本古謡。幕末に江戸で子供用の箏(そう・こと)の手ほどきのために作曲されたとされている。歌詞は時代によって若干のバリエーションが存在する。古来、日本人にとって最も馴染みの深い花である桜は、歌の題材や百円硬貨の表のデザイン、駅名、町名、人名、企業名に商品名など、花見の季節以外にも私達の生活に様々な形で関わりを持っている。


客寄せ「サクラ」の由来は?

客を装って店が賑わっているように見せかける役割を「サクラ」というが、この語源も「桜が咲くと人が集まる」、「桜のようにパッと現われてパッと消える」など、やはり桜との関連性が指摘されているようだ。なお、この語源については、演劇・芝居などの内通者をタダで入場させることから、タダで見られる桜と掛けて「サクラ」となったとする解釈もあるようだ。


桜の王様ソメイヨシノ(染井吉野)とは?

観賞用の桜として最もメジャーな品種と言えば、やはり「ソメイヨシノ(染井吉野)」だろう。ソメイヨシノは、エドヒガン系のコマツオトメとオオシマザクラの交配で生まれたサクラの園芸品種だ。例年3月に気象庁が発表する「さくらの開花予想」(桜前線)も本種の開花状況が基準となっている。江戸末期から明治初期に、江戸の染井村に集落を作っていた造園師や植木職人達によって育成され、「吉野桜(ヤマザクラの意)」として売り出されていた。後に藤野寄命の調査によってヤマザクラとは異なる種の桜であることが分かり、1900年(明治33年)「日本園芸雑誌」において「染井吉野」と命名されたという。ちなみに、「江戸の染井村」とは現在の豊島区駒込付近にあった村で、現在、巣鴨駅付近の染井霊園にその名を残している。


サクラ(桜)

サクラ(桜)は、バラ科モモ亜科スモモ属(Prunus, Cerasus) の落葉樹の総称。サクラは日本文化に馴染みの深い植物である。また、日本において観賞用として植えられているサクラの多くはソメイヨシノという品種である。英語では桜の花のことをCherry blossomと呼ぶのが一般的であるが、日本文化の影響から、sakuraと呼ばれることも多くなってきている。現在、ヨーロッパ・西シベリア・日本・中国・韓国・米国・カナダなど、主に北半球の温帯に、広範囲に分布している。サクラの果実はサクランボまたはチェリーと呼ばれ、世界中で広く食用とされる。サクラは、バラ科スモモ属サクラ亜属に分類される落葉広葉樹である。春に白色や淡紅色から濃紅色の花を咲かせる(桜色)。花は日本では鑑賞用途としては他の植物に比べ、特別な地位にある。果実を食用とするほか、花や葉の塩漬けも食品などに利用される。園芸品種が多く、花弁の数や色、花のつけかたなどを改良しようと古くから多くの園芸品種が作られた。日本では固有種・交配種を含め600種以上の品種が確認されている。とくに江戸末期に出現したソメイヨシノ(染井吉野)は、明治以降、日本全国各地に広まり、サクラの中で最も多く植えられた品種となった。日本では平安時代の国風文化の影響以降、桜は花の代名詞のようになり、春の花の中でも特別な位置を占めるようになった。桜の花の下の宴会の花見は風物詩である。各地に桜の名所があり、有名な一本桜も数多く存在する。サクラの開花時期は関東以西の平地では3月下旬から4月半ば頃が多く、日本の年度は4月始まりであることや、学校に多くの場合サクラが植えられていることから、人生の転機を彩る花にもなっている。日本においては、サクラは公式には国花ではないものの、国花の一つであるかのように扱われている。








STAR



 

 

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif