サターンV

サターンV

















Apollodit1.jpg



















アメリカ航空宇宙局











































サターンV型ロケットは、1967年から1973年にかけてアメリカ合衆国のアポロ計画およびスカイラブ計画で使用された、使い捨て方式の液体燃料多段式ロケットである。月飛行用ロケットとして知られる。アメリカ航空宇宙局 (NASA) は6年間で総計13機のサターンV を発射したが、搭載物が失われるような大きな事故は一度も起こらなかった。全高、総重量、ペイロード(搭載物重量)などの点において、それまでに作られたいかなるロケットよりも巨大で強力なものであった。後にソビエト連邦(当時)でエネルギア(1980年代に2回試験飛行を行い、後に計画自体が中止された)が現れたことにより、離陸推力ではわずかにサターンVを上回った。サターン・シリーズの旗艦であるサターンV は、ウェルナー・フォン・ブラウン博士の指揮の下、ボーイング、ノース・アメリカン、ダグラス、IBM等が元請け企業となり、アラバマ州ハンツビルのマーシャル宇宙飛行センターにおいて開発が進められた。各三段のロケットはそれぞれの担当企業によって製作されたが、最終的にそれらを引き取り組み立てる作業はボーイングが行った。


















STAR





Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
栄光ある失敗  ←栄光ある失敗 【2017年03月】の更新記事一覧 →鞄屋の娘  鞄屋の娘
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif