永遠の夢に向かってマウンテンデュー

 

マウンテンデュー

マウンテンデュー

















c4c7fc785efe3ab0181dd7ebd8dad5b5_convert_20170325151626.jpg



















プロモーションサイト
















































マウンテンデュー(Mountain Dew 国によっては「Mtn Dew」とも表記)は、レモン・ライムの風味の弱炭酸飲料である。販売元はペプシコ。日本での販売はサントリーフーズ株式会社が行っている。商品名は密造ウィスキーを意味する口語に由来しているが、日本語の逐語訳では「山のしずく」である。1940年代にアメリカ合衆国のテネシー州ノックスビルで飲料工場を経営していたバーニー・ハートマンとアリー・ハートマン兄弟により、ウイスキーに混ぜるレモン・ライム味のミキサーとして開発された。1964年にペプシコが販売権を獲得し、アメリカで販売網を広げた。日本では1981年、北関東飲料(現北関東ペプシコーラ販売)から販売開始された。発売以来、ヒット商品として当時低迷していたペプシを牽引していたが、名古屋地区のフランチャイズであった中部ペプシコーラボトリング(現チェリオ中部)ではライバル製品であるスイートキッスの販売に力を入れていた(名古屋地域で放送されたCMでは「中部ペプシコーラボトリング」のクレジット付だった)。1997年10月に日本でのペプシコブランド製品のマスターフランチャイズ権(マーケティング及び製造販売総代理権)取得に関してペプシコと基本合意し、同年12月15日に契約を締結。翌年の1998年1月に、日本ペプシコーラが行っていた事業を分割し、製造・マーケティング機能をサントリー(現・サントリー食品インターナショナル)へ、営業・販売機能をサントリーフーズへそれぞれ移管。同年3月に「ペプシコーラ」のリニューアルと同時に「セブンアップ」と共にサントリーの製品として本格発売を開始した。当初は現在も発売されている350ml缶・500ml缶に加え、250ml缶と1.5Lペットボトルも設定されていた。また、日本初登場時はみかん果汁が1%含まれていたが、現在は無果汁である。2006年5月にワンウェイ瓶仕様の330ml瓶を追加し、350ml缶・500ml缶をパッケージリニューアル。このタイミングでロゴマークを同年からアメリカをはじめ全世界で使用されている現行のロゴに変更となった。2007年5月に初の500mlペットボトル製品である「マックスエアー」を発売。通常の「マウンテンデュー」のシトラス系フレーバーをベースに、炭酸を増量して爽快な刺激とすっきりとした味わいを楽しめる設計とし、液色をブランドカラーであるグリーンに変更した。その後、2008年5月には炭酸を更に増量してパッケージをリニューアルした「マックスエアー2」を、2009年5月には甘みを調整してすっきりとした後味に仕上げ、パッケージをリニューアルした「マックスエアー3」を発売し、年次改良を行いながら約3年にわたって販売された。2010年4月にはコナミデジタルエンタテインメントとのコラボレーションにより、同社のゲーム「メタルギアソリッド ピースウォーカー」の登場キャラクターがデザインされたデザイン缶(350mlのみ)が数量限定で発売された。特典としてマウンテンデューもしくはペプシNEXのどちらかひとつがデザインされたTシャツを着た兵士でゲーム上で遊ぶことが出来るパスコードがついている。2011年5月には酸味とほどよい甘みが特徴の紫色のパッケージのグレープ味「マウンテンデュー グレープ」を発売(350ml缶のみの設定)。なお、当初は同年4月に発売が予定されていたが、同年3月に発生した東日本大震災の影響により発売が延期となり、5週間遅れての発売となった。2012年4月にリニューアルを行い、人工着色料を不使用化。また、既存の缶製品(350ml・500ml)に加え、500mlペットボトルも新設された。同年6月には爽やかでスッキリとした味わいのクールシトラスフレーバーで、白い液色とブルーのパッケージである「ホワイトアウト」を発売(500mlペットボトルのみの設定)。2014年6月に500ml缶を仕様変更。「ペプシコーラ」のパッケージリニューアルに合わせるもので、パッケージ上部が白となり、「BIGサイズ たっぷり」と「+150ml」が新たに記された。同年7月には、2009年まで販売されていた「マックスエアー」を5年ぶりに新仕様として数量限定で再発売。製品名を2007年当時の名称であった「マックスエアー」に戻し、内容量は先にリニューアル発売された「C.C.サイダー」同様、600mlに増量した。なお、通常の「マウンテンデュー」とは異なり、人工着色料が使用されている。















17-free-mountain-dew-brushes.jpg















STAR





Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif