Stanley Kubrick

Stanley Kubrick

















1-kubrick-2001-1468951031_convert_20170323235252.jpg





















A supercut examining Stanley Kubrick's use of the color red.











































スタンリー・キューブリック(Stanley Kubrick, 1928年7月26日 - 1999年3月7日)は、アメリカの映画監督。のちにイギリスに移住した。開業医を営むオーストリア=ハンガリー帝国に起源を持つユダヤ人の両親の長男として、ニューヨークのマンハッタンで生まれる。少年時代は、チェス、ジャズに興味を持ち、特にカメラは、彼の経歴の出発点となる。ハイスクール時代のIQは平均以上だったが、成績は平均以下だった。1946年、ニューヨーク市立大学シティカレッジに入学するが、すぐに中退。一時はジャズ・ドラマーを目指していたが、当時の大統領フランクリン・ルーズベルトの死を報じる一連の写真が写真雑誌『ルック』誌に売れ、見習いカメラマンとして在籍するようになる。写真雑誌『ルック』に載った自身のフォト・ストーリーを元に、短編ドキュメンタリー『拳闘試合の日』を製作し、映画の道を歩み始める。この映画は3900ドルかかったが4000ドルで売れ、この成功をきっかけに『ルック』誌を退社する。親類から借金をして初の長編劇映画『恐怖と欲望』を製作するも、この映画は赤字になる。続いてキューブリックは『非情の罠』を製作する。ただし、この映画も製作費を回収することはできなかった。26歳の時、同い年のジェームス・B・ハリスと組み、ハリス=キューブリック・プロダクションズを設立。SF三部作と呼ばれる『博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか』、『2001年宇宙の旅』、『時計じかけのオレンジ』の成功で、世界の批評家から映像作家としての才能を認知される。12年ぶりの監督作品となった『アイズ ワイド シャット』(原作は、シュニッツラーの『夢小説』)の完成後、公開を待たずにハートフォードシャーの自宅で心臓発作で死去。70歳であった。キューブリックの死は監督作品「アイズ ワイド シャット」の試写会5日後の事だった。『アイズ ワイド シャット』と同時期から企画を温めていた『A.I.』は、2001年にスティーヴン・スピルバーグがそのトリートメントを基に脚本を完成させ、製作・公開された。
















stanleykubricknewperspectives12.jpg
















STAR





Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif