L.A.market

L.A.market

















30b99f47.jpg



















アメリカン雑貨 L.A.market(エル・エー・マーケット)

バラエティ雑貨 COLLECTION MARKET(コレクション・マーケット)

どんな掘り出し物があるかな?

横浜ワールドポーターズ






















































横浜ワールドポーターズ 2Fデッキストリート  アメリカン雑貨 L.A.market・バラエティ雑貨 COLLECTION MARKET

横浜ワールドポーターズの2Fのデッキストリートは、アメリカン雑貨を中心に、インテリア雑貨、生活雑貨、ウェア小物もたくさん取り扱っている。ワッペンは他に類を見ない種類の豊富さ。幅広い世代に楽しんでアメリカを肌で感じられる雑貨屋。アンティークからキャラクター雑貨までとにかく豊富なアメリカングッズを扱う。その豊富な品揃えの中には掘り出し物がたくさんある。キャラクターからマニアックな物まで取り揃えていて神奈川県内はもちろん、日本全国から来店者が絶えない。このアメリカンな雰囲気に海外雑貨に興味がない人もきっと好きになる。

横浜ワールドポーターズ(よこはまワールドポーターズ)は、神奈川県横浜市中区新港にあるショッピングセンター。1999年(平成11年)9月10日開業。略称はワーポなど。貿易摩擦解消を目的とした輸入の促進及び対内投資事業の円滑化に関する臨時措置法(2006年5月廃止)により、横浜市港湾周辺地域が輸入促進地域に指定された。それを受け、1994年(平成6年)に輸入促進を図る商業流通施設として、横浜市・神奈川県・中小企業基盤整備機構・イオンリテール(旧マイカル)らが出資する第三セクターの、株式会社横浜インポートマートが設立された。同社により、1999年(平成11年)9月10日に横浜ワールドポーターズが開業した。みなとみらい地区内では12街区と14街区にあたり、よこはまコスモワールドと横浜赤レンガ倉庫の中間に位置する。施設はワールドポーターズビルと赤レンガ倉庫側にある立体駐車場の2棟構成となっている。 ワールドポーターズビルの核テナントはワールドポーターズビブレ(OPA運営、旧マイカル→イオンリテール)であり、シネマコンプレックス「イオンシネマ」を併設している。開業当初は立体駐車場棟の1-2階に輸入食材を豊富に揃えたワールドフードマーケットや服飾品・雑貨の小売店のテナントで構成した「横浜ワールドポーターズ舶来館」エリアが存在した。しかし、2000年代後半頃に撤退し、現在はサービス業や飲食店といった「輸入促進」に捉われない、一般のショッピングセンターと同等のテナント構成となっている。テナントはカジュアル衣料関連や家具・インテリアが中心となっている。また、横浜みなとみらいの中でも駅から少し離れた新港地区にあることから、1階にハワイ関係の食品・雑貨店を集積した「ハワイアンタウン」エリアを新設するなど非日常的な要素も取り入れることで集客を図っている。2013年(平成25年)度には約1011万人の来店客を集めた。














STAR


Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif