永遠の夢に向かって有楽町スバル座

 

有楽町スバル座

有楽町スバル座

















有楽町ビル_convert_20170319000350




















東京都千代田区有楽町1丁目10番1号 有楽町ビルヂング内






































スバル興業が第一号映画館の“丸ノ内名画座”をオープンしたのは昭和21年(1946年)9月。戦争中は厳しく禁じられていた外国映画を含め、優れた映画を次々に興行した結果は、笑いや感動といった「心の栄養」を求める人々で連日の「満員御礼」。映画館のまわりには延々と行列ができた。同じ年の12月にそれぞれオープンした“オリオン座”、“スバル座”も大盛況でした。特に“スバル座”は本邦初のロードショー劇場で新しい文化にいち早く触れたいという映画ファンを集め、その後の業界をリードしたのでした。スバル興業は今後も劇場映画の醍醐味を贈り続1946年12月31日:「本邦初のロードショー劇場」として開館。こけら落としは『アメリカ交響楽』。1953年9月6日:火災により焼失(スバル座火災)。1966年4月27日:有楽町ビル2階に再開館。再開時の第1作は浜田光夫と吉永小百合主演の日活映画『青春のお通り 愛して泣いて突っ走れ!』(監督齋藤武市)であった。1995年:開館50年記念作品として11月18日に『バッドボーイズ』、12月16日に『デスペラード』が封切られる。2003年:チャールズ・チャップリン映画生活90年記念として『Love Chaplin!~チャップリン映画祭~』が5月31日から8月8日まで開催される。2005年:ニュー東宝シネマが「有楽座」(現:TOHOシネマズ有楽座)に改称するのに伴い、同館のチェーンマスターの機能を引き継ぐ。2008年:この頃から松竹・東急系作品も上映する等、番組編成がフリーとなる。2011年:開館65周年を記念して『オールタイム ベストムービー イン スバル座 メモリアル65TH』と題した名作映画上映会を12月10日から2012年1月20日まで行う。2012年12月:デジタル映写システム導入。ける。有楽町スバル座(ゆうらくちょうスバルざ)は東京都千代田区の有楽町ビルでスバル興業が経営している映画館である。シャンテ シネ(現:TOHOシネマズシャンテ)開業前は「ブリキの太鼓」「ミツバチのささやき」など大人向けの文芸作品やアート系が強い映画館として知られていた。2005年4月にニュー東宝シネマ閉鎖後のチェーンマスターの機能を引き継ぎ、それ以降も東宝系の洋画を上映していたが、有楽町・日比谷地区に存在するTOHOシネマズ劇場の番組再編成により近年TOHOシネマズ系の番組契約が減っている。座席数は272席(うち車椅子席2)。かつてはスヌーピーの映画館としても知られていた(東京地区独占上映のため)。また最近では大林宣彦監督作のメイン館になることもあり、『なごり雪』(2002年)『この空の花 長岡花火物語』(2012年)『野のなななのか』(2014年)が同館をチェーンマスターに上映されていた。特に『この空の花』のスバル座上映楽日(2012年6月8日)には大林監督がサプライズで舞台挨拶を行ったというエピソードもある。


スバル興業株式会社

スバル興業株式会社(スバルこうぎょう)は、日本のサービス業を主業務とする阪急阪神東宝グループの会社である。主に高速道路のメンテナンス事業と飲食店などのサービス業を主業務とする阪急阪神東宝グループの会社である。設立当初は映画の興行などを業務とする会社で、本社は東京都千代田区にある。現在では道路関連とサービス業の比重が大きいが、創業の起源である有楽町スバル座は同社唯一の映画館として現在も経営されている。さらに「夢の島マリーナ」および「浦安マリーナ」の運営もおこなっている。スバルブランドで自動車を製造する富士重工業とは無関係。


















b nmbnmbnmbmbnm



















STAR






Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
スリラー  ←スリラー 【2017年03月】の更新記事一覧 →プレリュード  プレリュード
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif