永遠の夢に向かってミスター・ロボット

 

ミスター・ロボット

ミスター・ロボット

















maxresdefault (10)




















Styx-Mr. Roboto











































ミスター・ロボット (Mr. Roboto) は、スティクス (Styx) の1983年のコンセプトアルバム『キルロイ・ワズ・ヒア(Kilroy Was Here)』に収録されているデニス・デ・ヤング(Dennis DeYoung)作詞、作曲による楽曲である。この曲はBillboard Hot 100の第3位を記録し、スティクスにとって1981年の"トゥー・マッチ・タイム・オン・マイ・ハンズ(Too Much Time on My Hands)"以来のヒット作となった。"ミスター・ロボット"はスティクスの楽曲の中でも最も人気のあるものの一つで、B面の"スノーブラインド(Snowblind)"(前作のスタジオアルバムである『パラダイス・シアター(Paradise Theater)』から)とのカップリングで45 回転のシングル盤としても発表された。"ミスター・ロボット"のコーラスにはキャッチフレーズになっている「ドモ アリガト、ミスター・ロボット」という句が含まれている。「ドモ アリガト」は、英語で"thank you very much"と訳される日本語の語句の一つである。楽曲の冒頭の日本語の歌詞は以下のようなものである。



どうもありがとうミスターロボット(dōmo arigatō misutā Robotto)

また会う日まで(mata au hi made)

どうもありがとうミスターロボット(dōmo arigatō misutā Robotto)

秘密を知りたい(himitsu wo shiritai)




この歌は、ロックオペラの『キルロイ・ワズ・ヒア』の中でロバート・オーリン・チャールズ・キルロイ(Robert Orin Charles Kilroy:ROCK)の架空の物語の一部を語っている。反ロックンロール団体の(the Majority for Musical Morality:MMM)とその設立者であるエヴェレット・ライテアス博士(Dr. Everett Righteous、ギタリストのジェームズ・ヤング:James Youngが演じる)により「社会不適格ロックンローラー」の罪で未来の刑務所に収監されているロックンローラーのキルロイ(キーボード奏者のデニス・デ・ヤングが演じる)がこの歌を歌う。「ロボット(Roboto)」は刑務所内の諸任務をこなすロボットを具現化しており、キルロイは看守「ロボット」を乗っ取り、内部を空にした「ロボット」の金属性外殻の中に隠れることで刑務所から脱獄する。歌の最後の最後でジョナサン・チャンス(Jonathan Chance)がついにキルロイと出会うと、様変わりしたキルロイは「私はキルロイである!私がキルロイだ!」と叫び歌は終わる。この楽曲は、1980年代におけるテクノロジーとロボットの有り様も映し出している。またキルロイ・ワズ・ヒア(キルロイ参上)は、第二次世界大戦頃からアメリカ軍兵士の間で流行している伝統的な落書きの文句である。機械的な調子で歌われるキャッチフレーズはヴォコーダーにより作り出され、この楽曲ではOberheim OB-XAとPPG Wave・シンセサイザーが多用されている。スタン・ウィンストンが手掛けた「ロボット」の衣装と仮面は、アルバム『キルロイ・ワズ・ヒア』のカバーを印象的に飾っている。"ミスター・ロボット"はA&Mレコードの要請により最終段階で"ドント・レット・イット・エンド(Don't Let It End)"に代わって同アルバムからの最初のシングルとして発表された。

ビデオは、ブライアン・ギブソン(Brian Gibson)が監督したミュージックビデオで、ジョナサン・チャンス(ギタリストのトミー・ショウが演じる)がキルロイに会うためロック博物館の中を歩いていると一体のロボットが近づいてくる場面から始まる。この後、5体のロボットが動き、踊る場面に転換し、そのすぐ後でロボット達が髭をそり落としたデニス・デ・ヤング(彼は1982年のパラダイス・シアター ツアーを最後にトレードマークの口髭をそり落とし、現在まで髭を蓄えずにいる)を含むスティクスのメンバーに変身する。その後のビデオでは舞台上のバンドの演奏や歌と『キルロイ・ワズ・ヒア』の背景映像の場面が繰り返される。それからスティクスのメンバーが再びロボットの姿に戻り、デ・ヤングがロボットと対決し一体のロボットの耳元で叫んだ後で倒れる。目が覚めるとデ・ヤングは自分が実験台にされていることに気付き逃走を計る。それからビデオの冒頭のシーンの最後に戻り、ジョナサン・チャンスが舞台上に上ってくるとロボットはマスクを脱ぎその正体がキルロイであることを表す。ライトが当てられたロボットの別のショットがビデオの最後で使用されている。

スティクス (Styx) は、アメリカのロックバンド。1970年代から活動しているバンド。日本ではアメリカン・プログレ・ハードなどのジャンルに括(くく)られることが多いが、デビュー当初のサウンドはプログレッシブ・ロックの色彩が強く、長大な楽曲も多く制作していた。時代の流れの中で音楽性は徐々に変化。よりコンパクトでポップな作風へと変わり、結果的にはそれが1980年代初頭の商業上の成功へと繋がっていった。各アルバムは独自性に優れ、シンセサイザーなどの電子機器をいち早くロックに取り入れたバンドとしても知られる。1963年、シカゴでチャックとジョンのパノッツォ(パノッソというカナ表記も存在する)兄弟が中心となってバンド活動を開始する。その後デニス・デ・ヤングが加入してバンド名が「ザ・トレイドウンズ」となる。当初は1ローカル・バンドに過ぎなかったが、1968年にジョン・クルリュウスキがギタリストとして加入し、バンド名を「トレイドウンズ4」としてプロバンドをめざし始める。1970年にジェイムス・ヤングが加入、その半年後に製作したデモテープがRCA傘下のウッデンニッケル・レコード(Wooden Nickel Records)の代表を務めるビル・トラウト(Bill Traut)に認められ、契約してバンド名をスティクスに変更した。1972年9月(米国)、アルバム『スティクス』でデビュー。13分以上ある曲を収め、大衆受けはしなかったものの、評価は高かった。1973年7月に2ndアルバム『レイディ (STYX II)』をリリース。1stではオリジナル曲が少なかった彼らだが、このアルバムで方向性を決定付けた。さらに1974年2月に3rdアルバム『サーペント・イズ・ライジング』を発表。ここからかなりポップ性を意識し始め、曲も大曲志向から短いものへと変貌していく。1975年、2年前に発売された2ndアルバムに収録されていた「憧れのレイディ」が2月から徐々にチャートを上昇、8月には全米6位まで浮上し(2週維持)。さらにこれによってアルバムもセールスが延びてゴールドディスクを獲得。このヒットにより同年秋大手A&Mに移籍した。これに関連して移籍第一弾のアルバム『分岐点』の制作後、全米ツアー前に音楽性の違いからクルリュスキが脱退、代って元MS FUNKのトミー・ショウ(Vo./g.)が加入した。ポップスセンスに秀でたトミー・ショウが加入した事でスティクスの作品はより一般的な人気を獲得し、1977年発表のアルバム『グランド・イリュージョン〜大いなる幻影』が全米トップ10入り、シングルでは「カム・セイル・アウェイ」が全米8位となる。1979年リリースの『コーナーストーン』からはついに全米No.1シングルの「ベイブ」が生まれ[2]、アルバムも全米2位の大ヒットとなり、スティクスは人気バンドとしての成功を獲得するに至った。さらに1981年リリースの『パラダイス・シアター』からは「ザ・ベスト・オブ・タイムズ」が全米3位、「時は流れて」が全米9位となり、アルバムは初の全米1位を記録した。1982年1月には『パラダイス・シアター』を主作品とした初来日ツアーが催行され、6日・福岡サンパレスホール/8日・名古屋市公会堂/9日・京都会館第一ホール/11日・大阪フェスティバルホール/12日・横浜文化体育館/13日・日本武道館大ホールの合計6コンサートが催された。この模様はNHKで放映された。ギタリスト兼ボーカリストのトミー・ショウは京都で三味線を購入した。 さらに1983年には『ミスター・ロボット』(日本に滞在中、テレビで見た工場で稼働する工業用ロボットを見て、この曲が書かれた事は有名である)がリリースされ、日本語の歌詞が含まれた表題曲が収録されて話題となるなど、日本でもその人気が浸透していった。その後、デニスとトミーとの間に亀裂が生じ、各々がソロ活動に尽力することとなった。80年代後半には既にSTYXの存在は薄れていった。90年にはトミーがダム・ヤンキースに参加。テッド・ニュージェント(g.),ナイト・レンジャーのジャック・ブレイズ(b.)がこれに参加し、2人のリードギター、3人のリードヴォーカルという一風変わった構成を持ったバンドだった。彼らも「ハイイナフ」(全米3位)でヒットを出している。デニスは同年にトミーを除いた別メンバー(トミーの代わりに元ハマー(ヤン・ハマーのバンド)のグレン・バートニック(Glen Burtnik, g,vo)で再結成し、同年暮れにはアルバム『エッジ・オブ・センチュリー』をリリース。シングル「ショウ・ミー・ザ・ウェイ」1990年が全米3位を獲得するなど相変わらずヒットを飛ばすが、メンバー・チェンジなどを繰り返し、不安定な状態での活動が続いた。当時のアメリカはグランジブームであり、メロディアスなロックバンドはレコード会社の サポートが受けられず、受難の時代となり、再び沈黙する事になる。 トミーの方はダム・ヤンキーズで2枚のアルバムを出した後、テッド・ニュージェント脱退を受けてそのままブレイズとショウ&ブレイズというバンド名で活動し、1枚のみだがアルバムも残している。そして1996年、今度はトミーも含んだ全盛期のメンバーが揃ってのスティクス再結成が話題を呼んだ。しかし、このメンバーでツアーに出ようとした矢先、ドラムのジョンが急逝(アルコール中毒だったらしい)。ジョンの追悼ライヴになってしまったこのツアーでは、急遽ドラムにトッド・ズッカーマン (Todd Sucherman) を迎え、新曲も数曲披露された。この模様はアルバム用としてもライヴ・レコーディングされ、翌97年『リターン・トゥ・パラダイス』と題してリリースもしている。そのままのメンバーでスタジオ・レコーディングも行われ1999年にアルバム『ブレイヴ・ニュー・ワールド』としてリリースされた。この直後デニスの脱退が伝えられたが、バンド自体はキーボード&ヴォーカルにローレンス・ゴーワン(Lawrence Gowan) を迎えて存続させた。2000年には、このデニス抜きのメンバーで2度目の来日公演も行われている。ところが、自分の脱退理由は健康上のものであり、自分無しでのバンド続行は無効であるとするデニスは、バンドに対し訴訟を起こしていたらしい。その結果は不明。グループとしては2003年に、このメンバーに元の再結成メンバーであったグレン・バートニックをベース・ギター&ヴォーカルにスイッチさせて迎え入れ、スティクスとしてのアルバム『サイクロラマ』を正式リリースしている。尚、2004年時点では、ベースが元ベイビーズ→バッド・イングリッシュのリッキー・フィリップス (Ricky Phillips) に替わっている。2011年、イエスの前座として北米をツアー。














artworks-000058475651-ku40hb-t500x500.jpg


















STAR




Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
オーストラリア  ←オーストラリア 【2017年03月】の更新記事一覧 →ローズ  ローズ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif