永遠の夢に向かって広島弁でヴィッツ

 

広島弁でヴィッツ

広島弁でヴィッツ

















hdfhdfghdfghdfghdfghdf.jpg




















トヨタ自動車株式会社







































ヴィッツ(Vitz)は、トヨタ自動車株式会社が製造・販売する1,000 - 1,500ccクラスのハッチバック型乗用車である。日本国内では一貫して新旧ネッツ店でのみ取り扱う、同店の看板車種でもある。日本国外での車名はヤリス(Yaris)。スターレットの後継車にあたり、欧州などでも生産・販売される世界戦略車の一面をもつ。欧州ではBセグメント(初代を除く)に、北米ではサブコンパクトカーに分類される。初代型の登場した1999年当時の日本では、デミオやマーチにロゴといったコンパクトカーも存在したものの、同社においてもスターレットやカローラIIなどのように、価格の安さに価値が置かれる傾向が強かったが、ヴィッツはギリシャ人デザイナーのソティリス・コヴォスによるデザインや品質、衝突安全性能や環境性能の高さなどを売りとし、国内外で爆発的なヒットを記録した。コンパクトカーブームにさらに拍車をかけたことにより、他社もフィットやマーチ(3代目 K12型)などの対抗車種を投入することになり、日本のコンパクトカー市場に大きな影響を与えた。その意味でも、これらの車種は「日本の小型車を変えた存在」として現在でも評価が高い。TRDの手により、欧州向けモデルのディーゼルターボ用ユニットと中近東向けモデルの大容量ラジエーターを流用し「RS」に装着したモデル「ヴィッツRSターボ Powered by TRD」も発売された。また、ヴィッツ限定のワンメイクレース「ネッツカップヴィッツレース」、同じくワンメイクラリー「TRDヴィッツチャレンジ」が開催され、モータースポーツの門戸を広げる車の一つとなっている。車名の由来・バリエーションなど「Vitz」は、英語の「Vivid」(鮮やかな)とドイツ語の「Witz」(機知)を掛け合わせた造語である。「Yaris」は、ギリシャ神話の美の女神「カリス(Charites)」の単数形「Charis」からの造語である。日本国外では「YARIS」(ヤリス)の名称で販売されている。なお、初代はカナダ・オーストラリアでは「ECHO」(エコー)、中国では「Vizi」(威姿)を名乗っていたが、2・3代目は国内を除いて全てヤリスハッチバックに統一された。さらに国外では姉妹車であるベルタが初代ヤリスセダン(中国・東南アジアでは2代目ヴィオス)を名乗り、さらに中国・東南アジア市場専売のヴィオスも3代目より北米市場・オセアニア市場に限りヤリスセダンの名で販売される。同じく姉妹車のファンカーゴはヤリスヴァーソを名乗っている。日本では「ヤリス」という言葉の持つ響きがあまり好ましくないため、「Vitz」という名称となった(初代発売当時のdriver誌の記事より)。逆にイギリス英語使用圏では「Vitz」の読みが「Bit(s)」に聞こえてしまうため、日本のみ「Vitz」、日本国外では「ヤリス」、という住み分けがなされている。このように 地域ごとに異なる名称が与えられているが、その影響としてヒュンダイ・ゲッツの日本名が、開発コードの「TB」とされたということがある(「ゲッツ」の名称を用いている欧州では名称がヴィッツではなく「ヤリス」であるために問題はなかったが、日本市場では「ヴィッツ」と「ゲッツ」ということで名前が似てしまう点が現代側の名称変更の理由のひとつとして挙げられている)。


『The making of new Vitz story』

海が見える高台を、一台の車が颯爽(さっそう)と走る…「車のCM」と聞くと、どこかスタイリッシュな映像が目に浮かんでくるもの。そんなイメージを払拭(ふっしょく)するCMが、あのTOYOTAから生まれました。それが『Vitz(ヴィッツ)』のハイブリッドモデル発売を記念して、2017年1月13日より全国で公開された新CMシリーズ。特設サイトでは、制作の舞台裏を映したショートムービー『The making of new Vitz story』が公開されており、見た人からは『これは秀逸(しゅういつ)』、『気づいたらスキップ忘れてた』、『よくぞここまで振り切った』と、高評価の声が続出。一体、どんな内容なのでしょうか?


『Vitz』新CMに満足げなディレクター。しかし上司は…

場面は『Vitz Hybrid』の完成CMを、ディレクターが上司にプレゼンするという、特定の業界では「あるある」となりそうな設定。担当したディレクターは、どうやらこの作品の出来に満足げな様子で、声を弾ませながら「すっごいカーチェイスCMです」と切り出します。それには上司も「いいじゃないか」との反応を示し、順調なスタート。かと思いきや、「(パトカーで追われる)犯人がVitzで逃げるんです」と内容を説明しはじめた途端、上司から「ちょっと待って」の声が。「『Vitzはそういう犯罪を是認(ぜにん)するのか』みたいな正義をやたら振りかざす人多いでしょ、最近」と、視聴者のクレームを懸念(けねん)して、即却下に。


いきなりメインキャラを変えさせられる

それを受けたディレクターは、メインキャラをいかつい風貌の男性から、正義感の強い女性へと変更。さらにストーリーもカーチェイスから、女性が恋人を悪人から救出するというアクションへと変わるなど、次々と設定が変わっていきます。


その後も細かい注文は続く

気を取り直して再度プレゼンはスタート。上司から「Vitzのきびきびした走りが見たいよねえ」というオーダーに応え、交通量の多い道へと侵入。華麗なハンドルさばきで、次々と車を追い抜いていくというアクションでは常套手段(じょうとうしゅだん)とも言える演出をします。ですが、またここで上司からストップが。「Vitzは安全機能『Toyota SafetySense C』を搭載しているから車間距離を詰めたらアラートが鳴るね」「『レーンディパーチャーアラート』があるからウインカーを出さないで車線変更するとまたアラートが鳴る」など、Vitzの搭載機能を伝えたいあまり、次々と細かい指示が入ります。さらには天候を雨から晴れの日へ変えられてしまうなど、当初ディレクターが考えていた趣旨(しゅし)とは全く違うものに。


最終的に仕上がったCMとは…

結果、シートベルトを締め安全運転でドライブしながら恋人の救出に向かうことになった女性。そして上司の止まらないダメ出し。最終的にどんな展開へとなっていったのでしょうか。みなさんぜひその目で確かめてください。


広島弁バージョン

また、こちらのCMの広島弁バージョンも2017年2月8日(水曜日)から公開中。真面目な仕事の話のはずなのに、広島弁の語感もあってか、さらに面白さが増しています。ぜひこちらもチェックを。
















STAR







Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif