ヴィッツ

ヴィッツ

















catch11-bg.jpg




















トヨタ自動車株式会社







































ヴィッツ(Vitz)は、トヨタ自動車株式会社が製造・販売する1,000 - 1,500ccクラスのハッチバック型乗用車である。日本国内では一貫して新旧ネッツ店でのみ取り扱う、同店の看板車種でもある。日本国外での車名はヤリス(Yaris)。スターレットの後継車にあたり、欧州などでも生産・販売される世界戦略車の一面をもつ。欧州ではBセグメント(初代を除く)に、北米ではサブコンパクトカーに分類される。初代型の登場した1999年当時の日本では、デミオやマーチにロゴといったコンパクトカーも存在したものの、同社においてもスターレットやカローラIIなどのように、価格の安さに価値が置かれる傾向が強かったが、ヴィッツはギリシャ人デザイナーのソティリス・コヴォスによるデザインや品質、衝突安全性能や環境性能の高さなどを売りとし、国内外で爆発的なヒットを記録した。コンパクトカーブームにさらに拍車をかけたことにより、他社もフィットやマーチ(3代目 K12型)などの対抗車種を投入することになり、日本のコンパクトカー市場に大きな影響を与えた。その意味でも、これらの車種は「日本の小型車を変えた存在」として現在でも評価が高い。TRDの手により、欧州向けモデルのディーゼルターボ用ユニットと中近東向けモデルの大容量ラジエーターを流用し「RS」に装着したモデル「ヴィッツRSターボ Powered by TRD」も発売された。また、ヴィッツ限定のワンメイクレース「ネッツカップヴィッツレース」、同じくワンメイクラリー「TRDヴィッツチャレンジ」が開催され、モータースポーツの門戸を広げる車の一つとなっている。車名の由来・バリエーションなど「Vitz」は、英語の「Vivid」(鮮やかな)とドイツ語の「Witz」(機知)を掛け合わせた造語である。「Yaris」は、ギリシャ神話の美の女神「カリス(Charites)」の単数形「Charis」からの造語である。日本国外では「YARIS」(ヤリス)の名称で販売されている。なお、初代はカナダ・オーストラリアでは「ECHO」(エコー)、中国では「Vizi」(威姿)を名乗っていたが、2・3代目は国内を除いて全てヤリスハッチバックに統一された。さらに国外では姉妹車であるベルタが初代ヤリスセダン(中国・東南アジアでは2代目ヴィオス)を名乗り、さらに中国・東南アジア市場専売のヴィオスも3代目より北米市場・オセアニア市場に限りヤリスセダンの名で販売される。同じく姉妹車のファンカーゴはヤリスヴァーソを名乗っている。日本では「ヤリス」という言葉の持つ響きがあまり好ましくないため、「Vitz」という名称となった(初代発売当時のdriver誌の記事より)。逆にイギリス英語使用圏では「Vitz」の読みが「Bit(s)」に聞こえてしまうため、日本のみ「Vitz」、日本国外では「ヤリス」、という住み分けがなされている。このように 地域ごとに異なる名称が与えられているが、その影響としてヒュンダイ・ゲッツの日本名が、開発コードの「TB」とされたということがある(「ゲッツ」の名称を用いている欧州では名称がヴィッツではなく「ヤリス」であるために問題はなかったが、日本市場では「ヴィッツ」と「ゲッツ」ということで名前が似てしまう点が現代側の名称変更の理由のひとつとして挙げられている)。


トヨタ・ヴィッツの自虐ユーチューブCMが大ウケ

動画サイトのYouTube(ユーチューブ)で、数多くの広告動画を見せられることを不満に思う人は少なくないようだ。しかし、なかには視聴者から好評を得るCM動画もある。2017年1月11日に公開されたトヨタ自動車のCM動画は、「ユーチューブで見たCMでナンバーワン」「こんなおもしろいのは初めて」(動画コメント欄より)などと評判だ。トヨタといえば、とくにエスプリのきいたCMをつくるようなイメージはないかもしれないが、この動画「The making of new Vitz story」は、まさにそれを逆手に取った形だ。なぜクルマのCMはつまらないのかといった自虐めいた内幕モノになっている。この動画は、CMのクリエーターらしき人物と、もったいぶって、いかにも重役然とした男(どちらも外国人風)が、トヨタの新型車「Vitz」のCM企画を話し合う形で進行する。2人のアイデアは、即座にCG映像として反映される。当初の構想では、Vitzに乗った犯人が派手なカーチェイスを繰り広げるというものだった。しかし、「重役」が「Vitzは犯罪を是認するのか――みたいな正義を振りかざす人、多いでしょ、最近」と視聴者からのクレームを懸念して、却下となる。カーチェイスも、Vitzが搭載する安全機能との兼ね合いで変更を余儀なくされる。さらに、ハイブリッド車であることを強調したい、クルマのフロントやインテリアを見せたい、カラーバリエーションを見せたいなどの理由から、「重役」はストーリーやおもしろさを無視して次々と変更を要求する。「CMなんだ。映画つくってるんじゃないんだぞ!」と恫喝する「重役」に対して、クリエーターはお追従を言いながら、ときには小声で文句を言う場面も。結局は、当初の構想とは似ても似つかないCMになり、エンディングまで正反対になってしまうのだった。

















STAR


Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
ヘイ・トゥナイト  ←ヘイ・トゥナイト 【2017年03月】の更新記事一覧 →ROADSHOW  ROADSHOW
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif