永遠の夢に向かってヘイ・トゥナイト

 

ヘイ・トゥナイト

ヘイ・トゥナイト

















JEF038025_convert_20170307051837.jpg






















Creedence Clearwater Revival: Hey, Tonight



















































クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル(Creedence Clearwater Revival、略称CCR)は、アメリカのバンド。カリフォルニア州サンフランシスコ出身であるが、アメリカ南部のサザン・ロック、スワンプ・ロックの先駆者的存在だった「近年では、オルタナティブ・ロックの開祖とも」。活動期間は短いながらも足跡を残し、1993年にはロックの殿堂入りを果たした。1959年にジョン・フォガティ(Vocal&G)、ステュ・クック(B)、ダグ・クリフォード(DS)の3人が中学校時代に出会って結成されたブルー・ベルベッツを前身とする。後にジョンの兄で、既にバンド活動をしていたトム・フォガティ(G)が加入する。メンバーは全員がバークレー (カリフォルニア州)出身。1967年にサンフランシスコのファンタジー・レコードと契約し、バンド名をゴリウォッグスと変えてデビュー。ゴリウォッグスは「醜い面相の男たち」という意味であり、メンバーは無理やりレコード会社に着せられた衣装と共に、この名前も気に入らなかった。1968年にバンド名をクリーデンス・クリアウォーター・リバイバルと改めた。クリーデンスはトムの友人「クリーデンス・ニューボール」から、クリアウォーターはオリンピック・ビールのCMを見ていて流れる水の映像が気に入ったことと、メンバー全員の関心事であったエコロジーの観点から、リバイバルはバンドの復活、新しいバンド名で再出発との意味をこめて名付けられた。同年にデビュー曲として発表した、ルイジアナのシンガーソングライター、デイル・ホーキンスのカバー「スージーQ」がヒットした。ファースト・アルバムにはこの長尺な「スージーQ」、スクリーミン・ジェイ・ホーキンスの「アイ・プット・ア・スペル・オン・ユー(I Put A Spell On You)」カバーなどが収録され、内容はブルース・ロック色とサイケデリック・アレンジが色濃く当時ヒッピー文化が全盛だったサンフランシスコでは典型的な内容で、その後サイケデリック色を排してシンプルでストレートなスタイルへと方向転換、当時としては異質の存在として脚光を浴びる。1969年から1971年にかけて、彼らの代表曲となる「プラウド・メアリー」、「ダウン・オン・ザ・コーナー」、「雨を見たかい」といったヒットを飛ばす。ところが「プラウド・メアリー」(3週連続)、「バッド・ムーン・ライジング」、「グリーン・リヴァー」、「トラヴェリン・バンド」(2週連続)、「ルッキン・アウト・マイ・バック・ドア」という、この5曲は全てビルボード・シングルチャートで全米第2位に泣かされている。全米No.1を獲得出来なかった歌手、音楽グループの中で最多5曲の全米第2位楽曲を持つという珍記録になっている。前述通り、ヒッピー文化全盛だった60年代後半に出現した同郷バンドの殆どがアルバム志向だった中で、唯一シングルヒットに固執していたバンドであったため、近年CCRこそロックシーンに於ける反骨精神の祖、元祖パンク、オルタナティブ・ロックの開祖として奇妙な評価をされている節がある。CCRの音楽はスワンプ・ロック(Southern rock 南部のロック)と呼ばれたが、メンバーはカリフォルニア(西海岸)出身。クックは「音楽雑誌の記者たちは勝手に南部出身だと思い込んでいた。僕らの音はジョンの想像世界と南部への憧れから生まれたもの。スワンプ・ロックとは、流行のロックとは違う僕らの音楽を、分類して記事を書きやすくするために作られた造語だ」と語っている。1969年2枚目のアルバム「バイヲー・カントリー(Bayou Country)」でルイジアナ のバイユー(Bayou)を取り上げ、一帯のリアルな描写を歌い、楽曲「プラウド・メアリー」はジョンがミシシッピ川を連絡する蒸気船「メアリー・エリザベス号(Mary Elizabeth)」の写真から想像し書き上げ、この曲がヒットし演奏公演で初めてアメリカ南部地域を訪れ、その際に「メアリー・エリザベス号」を見物したという逸話があり、カントリー・ミュージック、ブルースの影響が濃いCCRとはいえレコード盤などを聞いた音楽経験と空想や憧憬だけで作られたことは信じられず、楽曲をリアルタイムで聴いた当時のリスナーは、誰もがCCRを南部のバンドではないかと思われていた。但し、70年代に隆盛を極めたサザン・ロック・バンド勢と比較すれば、技量の少なさ、単純明快な楽曲、シングルヒット中心といった視点、観点からサザン・ロックと決め付けるのはナンセンスだと主張する向きもある。前途洋々かと思われたバンドだったが、楽曲のほとんどを作曲し、サックスからピアノまで自分で演奏するジョンの才能に注目が集まりすぎた故にメンバーの仲がギクシャクし(ジョン以外のメンバーがベーシックトラック録音のみに参加した曲も存在し、特に6枚目「ペンデュラム」が実質ジョンのワンマンレコーディング作ではないかと思わされた)、1971年にバンドの実質的マネージャーも務めていたトムが脱退。ジョンが新マネージャーとして連れてこようとしたアラン・クレインは、「ビートルズを解散させた男」として悪評高い人物だった。翌1972年に発表した7枚目のアルバム「マルディ・グラ」は、各メンバーの曲やヴォーカル曲も取り入れた民主的な作品であったが(チャート・インこそしたものの)失敗作に終わり、バンドはあっけなく約(およそ)4年で解散した。


















BURROWS-Life-avril-1965.jpg


















STAR





Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif