Short Shorts

Short Shorts

















imgNCBNVBNVN.jpg




















The Royal Teens - Short Shorts












































★ショート・ショーツ★ロイヤル・ティーンズ★

彼らは、1956年、ニャー・ジャージー州ベルゲン郡で結成された。元々、ロイヤル・トーンズと名乗っていたが、既に同じ名前のグループが存在していたため、ロイヤル・ティーンズに改名した。結成時のメンバーは、ボブ・ゴーディオ(本名ロバート・ジョン・ゴーディオ、1942年11月17日、ニュー・ヨーク、ブロンクス生まれ、Piano)、ビル・クランドール(Saxopohne)、ビリー・ダルトン(Bass)、トム・オースティン(Drums)の4人組。彼らはインストゥルメンタル・バンドとしてスタートし、ブラック・ミュージックの影響を受け、R&B系のアーティストのバック・バンドとして活動していた。1957年、此の「Short Shorts」と「Planet Rock」をABC・パラマウントからリリースしたところ、翌1958年2月、全米3位、ブラック・チャート2位に入る大ヒットとなった。しかし、「Short Shorts」がヒットしていた時にはビル・クランドールはラリー・クォリアーノ(Saxophone)に替わり、ビリー・ダルトンもまたバンドを離れ、アル・クーパー(1944年2月5日、ニュー・ヨーク、ブルックリン生まれ、Guitar)に替わっていた。1957年、セカンド・シングル「Sham Rock」と「Big Name Button」)をリリースしたがチャート・インしなかった。その後、ドゥー・ワップ系のグループで「Blanch」と言うマイナー・ヒットがあるスリー・フレンズにいたジョー・フランコヴィラ(ジョー・ヴィラ)をヴォーカリストとして迎え、5人編成となった。1959年、サード・シングル「Harvey's Got A Girl Friend」と「Hangin' Around」をリリース、同年8月、全米78位に入った。同年、「My Kind Of Dream」と「Open The Door(Forgot The Key)」をリリースしたがヒットせず、ABC・パラマウントとの契約は終わり、再びパワー・レーベルに移籍した。1959年、パワーから「Mad Gass(Instrumental)」と「Sittin' With My Baby」をリリースするもヒットしなかった。1959年末、キャピトルと契約し「Believe Me」と「Little Cricket」をリリース、翌1960年、全米26位に入った。結局、此れが最後のトップ40・ヒットだった。1960年、「The Moon's Not Meant For Lovers」と「Was It A Dream」をリリースした後、バンドは解散した。しかし、何人かのメンバーはその後もユニットして1965年まで活動し、此の間、マイティ、オール・ニュー、ジュビリー、ブルー・ジェイ、スワン・レーベルへと移籍しながらも録音を行ったが、パワーからリリースした「I Love You Till The End Of Time」(B面は同曲のインストゥルメンタル・ヴァージョン)を最後に、ユニットとしての活動も完全に停止した。彼らは次々と違った形でのシングルをリリースしたが、結局、アルバムは1枚もリリースしなかった。その後、メンバーの内、ボブ・ゴーディオはフォー・シーズンズのメンバーとなり1962年、「Sherry」と言う全米1位曲を作曲した。1971年までフォー・シーズンズで活動しそれが認められて1990年、ロックンロールの殿堂入りを果たした。その後、ダイアナ・ロス、マイケル・ジャクソン、バリー・マニロウ、エリック・カルメン、ピーボ・ブライソン、ロバータ・フラック、ニール・ダイアモンド、ジョージ・フォックス等のプロデューサーとして手腕を発揮し、ソングライターの殿堂入りも果たした。今現在はショービズ界に進出し、2006年にベスト・ミュージカル賞を含むトニー賞を受賞した。2007年、グラミー賞ベスト・ミュージカル・ショー・アルバム賞を獲得した。当時14歳のメンバーだったアル・クーパーは、ソロ活動の傍ら、1960年、ボブ・ブラスとアーウィン・レヴィンのソングライター・チーム(1965年の全米1位曲、ゲイリー・ルイス&プレイボーイズの「This Diamond Ring」を書いた)に加わり、21歳の時、グリーンウィッチ・ヴィレッジに移った。1965年、ボブ・ディランのコンサートに参加し、その後もアルバムの録音にオルガン奏者として加わり、1981年のボブのワールド・ツアーにもオルガン奏者として参加した。1967年、ブラッド・スウェト&ティアーズを結成したが、1968年、ファースト・アルバムがリリースする前に脱退した。その後、セッション・ミュージシャンとして、ローリング・ストーンズ、B.B.・キング、ザ・フー、クリーム等の録音に参加し、その数は軽く100以上であった。また、レイナード・スキナードを発掘する等、プロデューサーとしても活躍した。今現在彼は、ボストンのバークリー音楽学院でソングライティングとプロデュースについて教えておりまた、週末には自身のバンド、リコープレイターズ&ファンキー・ファカルティーズを率いコンサートを行っている。此の作品は、R&B系のアーティストのバック・バンドとして活動している時に、彼らのステージ・ショーを盛り上げるためにボブ・ゴーディオとトム・オースティンが、インストゥルメンタル・ダンス・ソングとして書いたもので、後から「Who Wears Short Shorts? We Wear Short Shorts」と言う詩を加えた。1957年、パワー・レーベルと言うマイナー・レーベルからリリースした此の歌を、ABC・パラマウントの重役が聞き、直ぐにヒットすると気に入り彼らと契約し、大ヒットとなった。男性コーラスと女性コーラスにガラクタ箱を引っ繰り返した様なサックスが絡むナンバーである。

















STAR


Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif