永遠の夢に向かってHey, Ho Rock and Roll

 

Hey, Ho Rock and Roll

Hey, Ho Rock and Roll

















anja-rubik-mark-ronson-fan-di-fendi-pour-homme-01.jpg




















The Cellmates - Hey, Ho Rock and Roll












































ロックンロール(Rock'n'Roll)は、ラジオDJアラン・フリードが考案した1950年代初期に誕生した“音楽の造語”である。ロックンロールの特徴は黒人音楽であるR&Bの均等なエイト・ビート、ブルースのシャッフル、ジャズのスウィングなどのリズムに、ブルースのコード進行(AADAEDAEのようなコード進行)や音階(スケール)を応用した楽曲構成である。ロックンロールの定義は、それらの特徴に白人音楽カントリー・アンド・ウェスタンの要素を少し掛け合わせたものとされている。ロカビリーとロックンロールの境界線は曖昧で、ロックンロール、ロカビリー好きの永遠の課題と言える。エルヴィスが「キング・オブ・ロックンロール」「キング・オブ・ロカビリー」と呼ばれるように、ロックンロールとロカビリーは微妙なところで同義語でもあり、異義語でもあると言える。厳密に分けるとすれば、白人音楽のカントリー・アンド・ウェスタンの要素が特に強いものを「ロカビリー」、黒人音楽のR&B要素が特に強いものが「ロックンロール」とされている。楽器編成はエレキギター、エレキベース、ドラムスという構成が代表的。加えてサックスやピアノなども使用されることがある。使用楽器の多彩さは、ロックンロールのルーツが様々なジャンルから成り立っていることを証明していると言えるだろう。

マーク・ダニエル・ロンソン(Mark Daniel Ronson)は、イギリス出身のDJ、シンガーソングライター、音楽プロデューサー。不動産企業家の父ローレンス・ロンソンとロンドンの作家で名士の母アン・デクスター・ジョーンズの息子として裕福な家庭に生まれた。祖先はロシア、リトアニア、オーストリアからのアシュケナージ系のユダヤ人。双子の妹にDJのサマンサ・ロンソン、ファッションデザイナーのシャーロット・ロンソンがいる。保守派ユダヤ教の教育で育った。元イギリス外務大臣のマルコム・リフキンドと元内務大臣のレオン・ブリタンと親戚である。のちに両親は離婚。母親は離婚後、バンド、フォリナーのミック・ジョーンズと再婚した。ジョン・レノンの息子であるショーン・レノンとは13歳の時からの親友。ヴァッサー大学とニューヨーク大学を卒業し、DJとして有名になった。1999年にはトミー・ヒルフィガーの広告モデルをつとめている。ロンドンとニューヨークを行き来して生活しており、クインシー・ジョーンズの娘であるラシダ・ジョーンズ、ギャヴィン・ロスデイルの娘であるデイジー・ロウ、シー&ヒムのバックバンドでドラムを叩いているイギリス出身のテネシー・トーマスらとの交際歴がある。2011年9月に当時はフランスの無名女優だったが、男爵令嬢でスイスの富豪の孫のジョセフィーヌ・ドゥ・ラ・ボームと結婚した。

















STAR






Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
理由なき反抗  ←理由なき反抗 【2017年02月】の更新記事一覧 →ハッピリー  ハッピリー
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif