永遠の夢に向かってバイオハザード: ザ・ファイナル

 

バイオハザード: ザ・ファイナル

バイオハザード: ザ・ファイナル

















05.png



















映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』 オフィシャルサイト























































『バイオハザード: ザ・ファイナル』 (Resident Evil: The Final Chapter) は、2016年12月23日公開(全米では2017年1月27日公開)のホラーアクション映画。カプコンのホラーアクションアドベンチャーゲーム『バイオハザードシリーズ』を原作とした、実写映画版シリーズの第6作品目かつ最終作である。2012年公開の『バイオハザードV リトリビューション』(以降『V』)から約4年振りの作品となる。監督・脚本のポール・W・S・アンダーソンいわく、本作では『バイオハザード』(以降『I』)のような、ホラー色の強い要素を意識して制作したとのこと。またポールは本作で初めて「コンバージョン」(2Dカメラで撮影して編集で3D作品にする方式)に挑戦している。『バイオハザードIV アフターライフ』(以降『IV』)や『V』にあったような、原作ゲームからのオマージュ要素が少なくなり、『I』(以降、『I』)や『バイオハザードIII』(以降『III』)同様、映画オリジナル要素が強い作風となっている。2014年9月に全米公開予定だったが、主演のミラ・ジョヴォヴィッチの第2子妊娠により撮影は延期され、2015年4月に第2子は生まれた。撮影は、2015年9月から南アフリカのヨハネスブルクとケープタウンで行われた。セット撮影がメインだった前作と違い、本作は「徹底的にリアルを追求したい」というポールの意向から現地撮影が行われ、「泥臭さが上手く撮れた」という。日本からは「驚くべき美貌と人を惹きつける強烈な個性、強い意志をもった女性」と映画プロデューサーに評されたファッションモデルのローラが、女戦士のコバルト役で出演している。 オーディションを受けたうえで現地撮影に挑んだローラはアクションもバトルもすべてこなして泥まみれになり、ポールに高評されている。前作『V』のラストまで登場したジル・バレンタイン、エイダ・ウォン、レオン・S・ケネディ、アリスのクローンの娘であるベッキーは本作映画では登場せず、その後の詳細は映画では語られない。だが本作の小説版では、前作『V』のラストから本作の映画版冒頭の場面に到るまでの物語が補完されており、ホワイトハウスでの篭城戦が描かれている。この戦いでジル、レオン、エイダはウェスカーの策略によって命を落とす。ベッキーのその後についてもその小説で書かれている。他にも映画シリーズ6部作中にて処遇不明の登場人物として、アンジェラ・アシュフォード、クリス・レッドフィールド、Kマートなどがいるが、アンジェラは『III』の小説版でその顛末が語られるが、クリスとKマートは不明。















STAR




Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif