永遠の夢に向かって成功するかどうかは90%が運

 

成功するかどうかは90%が運

成功するかどうかは90%が運

















20160403084735.png






















パナソニック株式会社







































松下幸之助 「成功するかどうかは90%が運」 経営の神様が問わず語りに語ったこと


人間が飢えで困窮しているときに

きみ、あそこ、見てみい。芝生のところ。鳥が飛んできたよ。なんの鳥やろ。時折、こうしていろいろな鳥が飛んでくるけど、ここは近くに東山があるし、このあたり一帯、木をたくさん植えた庭が多いから、とくに鳥も集まってくるんやろうな。かわいいもんやな。昔な、日本が戦争に負けた直後、前にも言うたけど、食べるものはなんもない。みんな飢えの姿やな。相当悲惨な状態であった。配給で食糧は配られたけど、その配給そのものが、とても生きていくに十分な量ではないんや。その配給を受けておるだけでやっておったら、生きて行くことが出来ん。飢え死にしかない。実際にある判事さんが、私は法律を断固守ります、断じて不法なヤミ取り引きはやりません、と言うて、それで栄養失調で亡くなってしまったほどや。それで、国民ほとんどみんなが内緒で、やってはいかんとされていたヤミ取り引き(禁じられた物資の取引)をした。自分の家にある物を農家に持って行って食糧と換えてもらう。それでやっとの思いで、わずかばかりの食糧を手にいれて飢えをしのいでいたんや。ところが、人間がそういう状態で、食べるものもない、生きていくにも苦しいときに、スズメはどうかというと、栄養失調はしておらんわけや。ある猟師の人の話やったかな。その人の話によると、当時、数多くの鳥獣を捕って料理してみたが、いずれも栄養十分で、まるまる太っておったということや。人間が飢えで困窮しておる、そのときに、鳥獣は喜々として戯れ楽しみ、栄養も十分にとっている。人間には鳥獣より、はるかに優れた知恵才覚がありながら、いったいどうしたことなのか。なぜなのか。それは、おそらく自然に従い、自然のことわりに則した営みを、人間は正しくしていないからではないだろうか。ひるがえって、鳥獣はきわめて素直に自然の摂理に、自然の理法に従って生きておる。生きておるからこそ、豊かで楽しい生活をすることが出来る。人間も自然の理法に従って生きるならば、きっと繁栄と平和と幸福を手に入れることが出来るんやないか、貧することも、殺し合うこともないのではあるまいか。そうだ、人間もみずからの小ざかしい知恵才覚に捉われず、素直な心で自然の中に繁栄の原理を求め、それに従って生きていく工夫努力をすべきだと、そんなことを考えたことがあったな。スズメに教えられたわけやな。うん、今もそういうふうに、わしは思っておるけどな。われわれは自然の理法の研究と人間の本質の研究をもっとやらんといかんね。あそこで遊んでおる鳥たちも自然の理法のなかで悠々と生きておるんやろな。


自分で決めたものではない

ところで、フッと、いま思ったんやけどな、今日までの自分を考えてみると、やはり、90パーセントが運命やな。しみじみ運命やと思うな。日本人として生まれたのも、この時代に生まれたのも、わしの意思ではない、たまたま偶然に、この国に、この時代に生まれてきた。生まれた家も、環境も、いわば運命や。わしが決めたものではない。この仕事をやるにしても、わしがもし大阪でない別のところにいたらどうであったか。電車を見ることもなかったら、電気の仕事をやろうと、ひらめくこともなかったやろうな。たまたま大阪の街に出ておった。特にとりたてて力のない平凡なわしが、一応仕事だけでも成功したということを思えば、なおさらのことや。そういうことを考えてみると、人間はほとんどが運命やとつくづく感じるな。そういう運命に、わしは心から感謝をしておるよ。ありがたいことだと。もっとも、わしのこういう考えに反対する人もおるやろうけど、その人はその人でええわけや。なかなか力強い人であると。人間には運はない。すべてがその人の力であると。実力であり、努力が人生のすべてを切り開くんやと考える人もおるやろう。まあ、そこまででなくとも努力が大きいと、運命は小さいと、そう考える人もおるんやろうな。けどな、そう考えるとすれば、人間は努力すれば、必ず成功するということになるんと違うやろうか。しかし、実際は決してそういうことではないわね。人生、すべて自分の意のままに動かせるということはない。それは、ひとつの運命をそれぞれが担っておるからやな。成功するためには努力しなさいという。けど、努力したと。一生懸命努力したと。あの人と同じように努力したと。けど、あの人は成功したけど、自分は失敗したと。そういう場合もあるな。それは、努力が足らんかったとは言い切れんことがある。ひとつの運命として考えんといかんわけや。


成功するには必ず努力が必要

それならば、努力せんでいいのか、汗を流さんでいいのかということになるけどな、また、これも間違いやな。わしは、運命が100パーセントと言ってはおらん。決してそうではないのであって、90パーセントやと。ということは残りの10パーセントが人間にとっては大切だということになる。いわば、自分に与えられた人生を、自分なりに完成させるか、させないかという、大事な要素なんだということや。ほとんどは運命によって定められているけれど、肝心なところは、人間にまかせられているのかもしれん。たとえば船があって、自分が大きい船か、それとも小さい船か、それはそれぞれの人にとってひとつの運命かもしれんが、肝心の舵のところは人間にまかせられておると。無事その船が大海を渡り、目指す港に着くことが出来るかどうか。残りの10パーセントがその舵の部分であるということやな。鷹がスズメになろうとしても、スズメが鷹になろうとしても、それは運命であって、変えることはできんな。そこは見極めんといかん。けど、鷹は鷹なりに、スズメはスズメなりに一生懸命に生きる、懸命に努力はせんといかん。そこに、それぞれが成功する道も開けてくる。運命と努力という、船と舵の関係やな。だから、運命が、運が90パーセントだから、努力せんでいいということにはならんね。そして努力したから、必ず成功すると考えてもあかんよ。けど、成功するには必ず努力が必要なんや。そういうようなことを、きみ、理解しておれば、自分に与えられた人生を謙虚に受け入れ、かつ力強く歩いて行くことができるよ。人生に傲慢になったらあかん。

















imgJFGHGFHNFGHF.jpg

















STAR




Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif