永遠の夢に向かってフェンダー・ムスタング

 

フェンダー・ムスタング

フェンダー・ムスタング

















756648.jpg




















Fender Mustang











































クルマ好きなレオ・フェンダーによるネーミング

フェンダーのジャガー、ムスタング、ブロンコはそれぞれ自動車のブランド名やモデル名を拝借したネーミングです。ムスタングは「マスタング」が本来の発音で、ムスタングの第一人者Char氏もマスタングと呼んでいます。しかしながら日本では自動車の「フォード・マスタング」と区別するためか、習慣的にムスタングと呼んでいます。Mustangには本来「じゃじゃ馬、暴れ馬」という意味があるので、ぴったりなネーミングだったと言えるでしょう。


フェンダー ムスタング(Fender Mustang)

「Fender Mustang」は、小さめのボディにショートスケールネック、また独特のビブラート・ユニットを持った「スチューデントモデル(=これからエレキギターを始める人のためのギター)」の一つとして開発されたエレキギターです。しかしサウンドもチューニングも暴れるので、名の通り乗りこなすのが難しい「暴れ馬(=Mustang)」と称され、初心者向けどころかマニアックな魅力のある楽器と見られています。また「日本人の体型に合っている」と言われ、日本国内での人気が高いギターです。女性が持つと可愛らしい印象になることから、アニメやPVなど映像作品に多く登場しました。


ムスタングの歴史

1956年、Musicmaster、Duo Sonicがスチューデントモデルとして発表されます。これに新たな配線と新開発のトレモロユニットを搭載し、1964年にムスタングはデビューします。1976年、日本ではCharがデビューしてムスタングブームが起こりますが、1970年代はジミ・ヘンドリックスの影響もありストラトキャスターが売れ、ムスタングの人気は押されていき、1982年に一旦生産がストップします。1986年にフェンダー・ジャパンで復刻され、1990年代のグランジブームを支える事となりました。ベースバージョンの「ムスタングベース」、ニルバーナのボーカル/ギター、カート・コバーンがムスタングとジャガーを基にデザインしたギター「ジャグスタング」など、派生機種も存在します。


専用ピックアップと独自の配線

ムスタングにマウントされているピックアップは専用に設計されており、ポールピースがピックアップカバーに隠されています。このふたつのシングルコイルそれぞれを操作する3ポジションのスライドスイッチは、ON/OFF/逆位相のON(=プラスとマイナスの入れ替え)に設定されています。それぞれを単体で使用する分には位相がどちらでも同じ音がしますが、【二つ同時に鳴らす時に片方が逆位相だと低音が薄くなり中域にクセが出て高域が立つ】印象的な「アウトオブ・フェイズサウンド」が得られます。また二つのピックアップは磁極とコイルの巻き方が逆に作られており、直列でつながれています。両方を同じ位相でONにすると、疑似ハムバッカー的な太いサウンドになります。これはデュオ・ソニックの配線を継承したものですが、ギブソンがハムバッカーを発明する前であり、フェンダーがいかに先進的だったかが判ります。


ジャガー同様の22フレット

ギブソンをはじめとするいろいろなギターで22フレット仕様は当たり前ですが、ストラト、テレキャス、ジャズマスターでは共に21フレットが伝統的な仕様です。現在でもジャパンの伝統的なモデルは21フレットで、USAの現代仕様モデルやアーティストモデルでのみ22フレット仕様が生産されています。そんな中、ムスタングはジャガーと共に22フレット仕様となっており、ちょっとお得になっています。盗難に遭ったストラトに代わってムスタングを手にした若かりし頃のChar氏は、これに対して「良いものに出会った」という感想を持っています。またナット幅は40〜41mmでフェンダーの他のモデルよりも細く、手が小さいプレイヤーに寄り添ってくれます。


じゃじゃ馬の象徴「ダイナミックトレモロ」

ジャズマスターやジャガーにマウントされていた「フローティングトレモロ」をアレンジした「ダイナミックトレモロ」は、可変域が大きく名前の通りダイナミックなアーミングが可能です。しかしチューニングもダイナミックに狂うので、セッティングやメンテナンス、操作法など使いこなすのには工夫を強いられます。そういう不完全なトコロがイイ、というプレイヤーにとっては、むしろチャームポイントになっているようです。


ちいさめサイズと、低価格化の工夫

「スチューデントモデル」へのフェンダーの回答は「小さめ」と「低価格化」でした。ムスタングにはオリジナリティだけでなく、価格を下げるためのたくさんの工夫がなされています。日本人にぴったりのサイズ感と言われる小振りなボディには、アルダーに近いサウンド特性を持つポプラが使用されています。ポプラはギターの材料としてはまだマイナーで、安く仕入れる事ができました。また初期のモデルにはコンター加工がなく、加工における手間と人件費を節約しています。ピックアップを操作するスライドスイッチも、ピックアップの配線が通るボディの溝に納める事ができるという合理的なアイディアです。ダイナミックトレモロはフローティングトレモロよりもパーツ点数が少なく、また設置の際ボディへの加工が少なく済む設計です。


ムスタングのサウンド

トレブルが立ち、低域は薄い、というのが一般的な印象です。「チープ」とも言われる低域ですが、むしろこれによりベースなど低音楽器と干渉せず、バランスが良い/アンサンブルがしやすいと、長所に捉えることもできます。ピックアップのパワーがそれほどでもなく、またブリッジの仕様からサスティンが伸びないので、歯切れの良い演奏に向いています。弾けるような高音域を鳴らし、小ぶりなボディーから想像も出来ない暴れまわるようなサウンドは、まさに「じゃじゃ馬」。
オーバードライブで伸びやかに演奏するのには熟練の技が必要です。


フェンダー・ムスタング

フェンダー・ムスタング(Fender Mustang)は、1964年に発売開始されたフェンダー社のエレクトリックギター。英語としての発音は「マスタング」がより近いが、慣習的に「ムスタング」 と呼称される。1982年にアメリカでの生産は終了したが、1986年からフェンダー・ジャパンが生産を開始。現在も販売されている。最近では、アメリカでもクラシック・シリーズ '65 ムスタングと称して、日本より輸入して発売されている。


仕様

1964年、フェンダーのスチューデントモデルとして登場した。 兄弟機種であるミュージックマスターやデュオソニックなどと同じくショートスケールであるが、他のスチューデントモデルには装備されていないトレモロ・ユニット「ダイナミック・ヴィブラート」が搭載されている。軽い力でアームの操作が可能。 また、スイッチの切替によって、アウト・オブ・フェイズ・サウンドを出せるのも特徴。発売された当初は、22.5インチスケール(571.5mm)に21フレットのものと、24インチスケール(609.6mm)に22フレットのものとの2つの仕様で、塗装はラッカーフィニッシュであった。24インチスケールのネックには、細めのAネックと通常サイズのBネックの2種類がある。CBSによるフェンダー買収3年後の1968年には、ボディにレーシング・ストライプの描かれたコンペティション・ムスタングが発表され、1974年まで発売された。ボディー材には、アルダーが使われていた。1974年から1982年に掛けては、アッシュ材を使用。指板は、メイプルとローズウッドを選べるようになっていた。1986年から、フェンダー・ジャパンよりリイシュー・ムスタングが発売。バスウッド材のMG-69,MG-73/co、ポプラ材のMG-65、そしてアッシュ材のMG-77がある。


派生機種

ベースバージョンの「ムスタング・ベース」や、ミュージックマスターにムスタングのダイナミック・ヴィブラートを付けたようなギター「ブロンコ」、カート・コバーンがムスタングとジャガーを基にデザインしたギター「ジャグスタング」(カート本人は晩年のわずかな期間のみ使用)、ボディ厚を増し、ダイナミック・ヴィブラートの代わりにシンクロナイズド・トレモロユニットを搭載した、ミディアムスケールの「サイクロン」や「サイクロンII」など、派生機種が数多く存在する。


サウンド

弾けるような高音域と、その小ぶりなボディーから想像も出来ない暴れまわるようなサウンドを発生させることから多くのミュージシャンに愛用されてきた。60年代には主にサーフ・ミュージックにおいて愛用され、90年代以降はジャガーやジャズマスターなどと共に、グランジやシューゲイザーなどのオルタナティヴ・ロックにおいてカルト的人気を博した。ムスタングは、他のフェンダー製ギターに比べて仕様が独特なため、サウンドも個性的である。主な特徴としては、1. ショートスケールであるためにサステインが短い、2. 搭載されているシングルコイルの低音は、ややチープである、3. アームは、使う度にチューニングが狂う、などである。これらは難点ともいえるが、一方で長所や個性として捉えると、1については歯切れの良いサウンド、2については低音が薄いために音の抜けは良い、3については軽く触れるだけでアーミングが可能(小指が当たるだけで動くほど軽い)、と考えることもできる。ピックアップはスイッチングの使い分けにより、2つそれぞれのシングルコイルとは別に、2つを直列にした厚みのある音、フェイズした鼻をつまんだような音と4つのサウンドバリエーションがある。


代表的な使用ミュージシャン

トッド・ラングレン
カート・コバーン(ニルヴァーナ)
ジョニー・ウィンター
バズ・オズボーン(メルヴィンズ)
サーストン・ムーア(ソニック・ユース)
ビリンダ・ブッチャー(マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン)
フランク・ブラック(ピクシーズ)
ジョン・フルシアンテ(元レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)
ノラ・ジョーンズ
パティ・スミス
Char








STAR





Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif