永遠の夢に向かってスーズ・ロトロ

 

スーズ・ロトロ

スーズ・ロトロ

















1Si2Yb0.jpg




















Bob Dylan- Mr Tambourine Man

















































ボブ・ディランの元恋人、「7本目の弦にはなりたくなかった」

1960年代にボブ・ディランの恋人で、彼の初期作品に影響を与えた女性:スーズ・ロトロが、2008年「A Freewheelin' Time:A Memoir of GreenwichVillage in the Sixties」という本を出版した。これは60年代のNYグリニッチビレッジを舞台にした回想録という。ボブ・ディランとスーズ・ロトロは、1961年に出会い、恋に落ちた。その時ディランは20歳、彼女は17歳。「風に吹かれて」が収録された1963年のアルバム『フリーホイーリン』のジャケットで、ディランと腕を組んで写っているのがロトロだ。「いろんな世代に人に、あの時代がどんなものだったかを知ってもらえるとうれしい。私たちはみんな人間的で、若くて、楽しんでいて、そして何かを創り出していたということを知ってもらいたかったの」──スーズ・ロトロ。彼女は左翼思想を持った労働者家庭に育てられ、彼女自身も急進的な考え方の持ち主であった。その彼女の政治行動や考え方が、ディランの初期の反戦ソングに影響を与えている。しかし一方で、彼女は、ディランの附属物のようになるのを嫌っていたという。「彼のギターの7本目の弦にはなりたくなかった」というのが彼女の言葉だ。2人の4年間の交際とその後の別れは、「明日は遠く(Tomorrow Is a Long Time)」「いつもの朝に(One Too Many Mornings)」「くよくよするなよ(Don't ThinkTwice, It's Alright)」「スペイン革のブーツ(Boots of Spanish Leather)」といった曲の数々を生み出すことになった。

スーズ・ロトロ(Suze Rotolo 1943年11月20日 - 2011年2月24日)は、アメリカ・ニューヨーク市出身のアーティスト。出生名スーザン・エリザベス・ロトロ(Susan Elizabeth Rotolo)。1960年代前半頃にボブ・ディランの恋人だった女性で、ディランと腕を組んで歩いている姿がアルバム『フリーホイーリン・ボブ・ディラン』(1963年)のジャケット写真にもなった。 Suze の表記はスーズともスージーとも読み、 Suzie スージーとも表記していた。近年はブック・アートに取り組んで作品を発表していた。またディランのドキュメンタリー映画『ノー・ディレクション・ホーム』(2005年)にインタビュー出演し、2008年、当時を回想した著書を出版した(日本語訳は2010年)。1943年11月20日、ニューヨーク市ブルックリン区のジューイッシュ・ホスピタルに生まれ、クイーンズ区のサニーサイドで育つ。2才離れた姉にカーラ・マリア・ロトロがいる。父親ジオアーチノ・ピエトロ・ロトロ(ジャック)と母親マリア・テレサ・ペザッティ・ロトロ(メアリ)はイタリア系の共産党員であり、マッカーシズムの中で経済的にも精神的にも辛い幼少期を過ごす。両親とは異なり叔父で似顔絵画家のピエトロ・ペザッティ(ピーター)はムッソリーニ支持のファシストであった。1958年2月、14歳の時に父親が他界する。彼女自身は両親の影響を受け、早くから社会活動を行っていた。中学生のときには公民権運動として人種別カウンターを設けていたスーパーマーケットでピケを張ったし、公民権運動団体の人種平等会議CORE(Congress of Racial Equality)の職員を務めたり、20歳のときには政府によって渡航が禁止されていたキューバへの学生訪問団に加わってチェ・ゲバラと面談するなどしているが、ソ連の体制やスターリニズムには懐疑的であり続けた。中高生の頃からグリニッジ・ヴィレッジ周辺で展開していたフォーク・ソング復興運動に親しみ、1961年7月、17歳のときにまだ無名で20歳だったボブ・ディランと知り合い恋人同士となる。姉のカーラも一時期はアメリカ議会図書館の研究員だったアラン・ローマックスの助手を務めるなどしており、フォーク・ソング復興運動に関わっていた。1961年12月から、西四番ストリートにディランが借りていたアパートで一緒に暮らし始めるが、1962年6月、ディランを置いてイタリアのペルージャに半年ほど留学。帰国後の1963年1月より再びディランと一緒になり、5月、アルバム『フリーホイーリン・ボブ・ディラン』がリリースされる。ほどなくしてディランは急速に名声を高めていくが、ディランと一緒にいることのプレッシャーやゴシップなどに耐え切れず、8月には別居。やがて彼の子供の妊娠が判明するが中絶をする。1964年3月には、二人の関係は実質的に終わっていた。その後ディランは関係を修復しようとし、『追憶のハイウェイ61』(1965年)のレコーディング現場に同席するなど関係は断続的に続いたが、1966年のイタリア再留学を機会に完全に別れることになった。1972年に国連の映像編集者エンゾ・バートッチオーリ(Enzo Bartoccioli)と結婚しており、息子のルカ(Luca)はギタリストである。近年はブック・アート(artist's book、装丁芸術)に取り組み、スーザン・ロトロの名義で作品を発表。一時期ニューヨークのパーソンズ美術大学で講師も務めていた。長らくディランについてまとまった発言をしてこなかったが、2004年以降はメディアに登場して1960年代前半のグリニッジ・ヴィレッジについて語るようになり、ディランのドキュメンタリー映画『ノー・ディレクション・ホーム』(2005年)にインタビュー出演。2008年、当時のヴィレッジの風俗と、ディランらを含むフォーク・ミュージシャンたちの群像を回想した著書を出版した。日本でも『グリニッチヴィレッジの青春』の題名で2010年に日本語訳が出版された。2011年2月24日、肺癌のためニューヨーク・マンハッタンの自宅で亡くなった。スーズは初期のディランに様々なインスピレーションを与えた「ミューズ」的存在とされており、彼女が愛読していたアルチュール・ランボーなどのフランス象徴詩やシュール・リアリズムの影響で、ディランの詩が難解になっていたとも指摘されている。オフ・ブロードウェイの舞台美術製作などを行っていた関係で演劇にも詳しく、ディランにブレヒトなどを教えたのも彼女である。ディランが作詞した楽曲の中には、スーズのことを歌った歌、もしくはスーズとの関係がインスピレーションとなった歌がある。初期ディラン作品の政治的色彩の強さも彼女の影響によるところが大きいとされているが、彼女自身はそれを否定している。当時のフォーク・ソング復興運動自体がそもそも政治絡みの運動であったし、ニューヨークに来る前からディランが傾倒していたウディ・ガスリーも政治的なシンガー・ソング・ライターであったことを考えれば、彼女の影響が全てと言う訳にはいかない。

「天国への扉」 ("Knockin' on Heaven's Door")は、ボブ・ディランの楽曲。映画『ビリー・ザ・キッド/21才の生涯』のサウンドトラック・アルバム『ビリー・ザ・キッド』に収録、シングルとして1973年にリリースされた楽曲。ビルボード Hot 100 のシングル・チャートで12位を記録した。
















1abf3059c8b12d6674eac2b3926f280d.jpeg


















STAR




Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif