永遠の夢に向かってアイ・カウント・ザ・ティアーズ

 

アイ・カウント・ザ・ティアーズ

アイ・カウント・ザ・ティアーズ

















STAGE-superJumbo-1_convert_20170124125553.jpg




















THE DRIFTERS - I COUNT THE TEARS 1960


















































ベン・E・キングが在籍してた時期のドリフターズは名曲が多いですが、「アイ・カウント・ザ・ティアーズ」もその一曲。哀愁のあるメロディが何となく、デル・シャノンっぽいですね(こっちの方が先ですけど)。ドリフターズ最大のヒット曲「ラスト・ダンスは私に」をはじめ、「アイ・カウント・ザ・ティアーズ」「プリーズ・ステイ」「スウィーツ・フォーマイ・スウィート」「ホエン・マイ・リトル・ガール・イズ・スマイリング」など。1960年に3週連続全米ナンバーワン・ヒットとなった「ラスト・ダンスは私に」をはじめ全米17位を記録した「アイ・カウント・ザ・ティアーズ」、バート・バカラック作曲の「プリーズ・ステイ」「メキシコでさようなら」、後にサーチャーズがカヴァーした「スウィーツ・フォー・マイ・スウィート」、キャロル・キング作品「ホエン・マイ・リトル・ガール・イズ・スマイリング」など、ポップな楽曲。ドゥーワップ・グループの中でもとりわけポピュラーなフィーリングを持った彼らの魅力に満ち溢れた作品。ザ・ドリフターズ(The Drifters)はアメリカ合衆国のコーラス・グループ。1950年代から1960年代にかけて隆盛した黒人コーラス・グループのひとつ。クライド・マクファターを中心に1953年に結成され、アトランティック・レコードからデビュー。その後現在に至るまでメンバーの交代やグループの分裂による変遷が目まぐるしい。リードシンガーとしてベン・E・キングが加入した1958年からが最盛期。「ダンス・ウィズ・ミー」、「ラストダンスは私に」などの数々の大ヒット曲を生んだ。1960年にキングが脱退した後も安定した人気を続け、「渚のボードウォーク」などのヒットを放った。アトランティックを離れた1970年代以降は活動の拠点をイギリスに移しているが、元メンバーによるオリジナル・ドリフターズも存在する。1988年に両グループのメンバー7人がロックの殿堂入りを果たした。


















dgdgdgdgdgdg.jpg

















STAR



Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif