永遠の夢に向かって永遠(とわ)に…

 

永遠(とわ)に…

永遠(とわ)に…

















tealbricks.jpg






















THE RIGHTEOUS BROTHERS - UNCHAINED MELODY

























































ライチャス・ブラザースは1960年代中頃に一世を風靡した白人ボーカルデュオで、主に低音を歌うビル・メドレーとハイトーンボイスが魅力のボビー・ハットフィールドのデュオです。血縁関係はありません。そのボーカルコンビネーションは流石(さすが)に素晴らしく、黒っぽいフィーリングとお互いのソロパートを尊重した歌いっぷりは、今日でも不滅の素晴らしさです。それは1965年に大ヒットした『アンチェインド・メロディ』のシングル曲が、1990年になって映画『ゴースト/ニューヨークの幻』のメイン挿入曲に使われ、大ヒット。と言うよりも、この歌があってこそ、映画本編が尚更(なおさら)に素晴らしい印象を残したのは、実際に作品を鑑賞された人ならば、納得されているはずです。肝心のライチャイス・ブラザースは1962年頃からデュオを組み、1963年にはマイナーレーベルからレコードデビューしていますが、やはりブレイクしたのはフィル・スペクターに見い出されてからです。フィル・スペクターは所謂(いはゆる)「音の壁」と呼ばれる壮大なサウンドプロデュースで、キャッチーなメロディと強いビートを伴ったシングルヒットを作り出していた、その当時の大衆音楽業界では屈指のブロデューサーです。そして今日ではビートルズの解散騒動や例の事件も含めて、神格化された存在ですが、その全盛期だった1964年に契約したライチャイス・ブラザースは、自らが運営していたフィレスというレーベルでは初めての白人グループです。ですから、黒人歌手にはスマートで甘口の手法を使っていたフィル・スペクターが、白人のライチャイス・ブラザースには辛口とも思える壮大な仕掛けを施したのは大正解で今もってフィル・スペクターの最高傑作プロデュースと言われる「ふられた気持 / You've Lost That Lovin' Feelin'」が1965年に世界的な大ヒットとなりました。そして次なる不滅のヒットが、この『アンチェインド・メロディ』なんですが、実は頑なに信じられている伝説とは異なり、ライチャイス・ブラザースは決してフィル・スペクターの操り人形ではなく、この曲に関してはビル・メドレーがプロデュースを担当しています。それはフィレスに残された3枚のオリジナルアルバムを聴けば尚更に顕著(けんちょ)で、むしろフィル・スペクターがプロデュースした楽曲の方が少ないほどなんですが、しかし流石(さすが)は芸能界の厳しさを知っているのがライチャイス・ブラザース。ちゃんとフィル・スペクターの手法を踏襲(とうしゅう)したサウンド作りは素晴らしく、それが『アンチェインド・メロディ』に結実しています。高音で気持良く歌っているのは、もちろんボビー・ハットフィールドですが、これがウケまくった所為(せい)でフィル・スペクターも意地になったと言われているとおり、このシングル盤B面に収録の「ひき潮 / Edd Tide」では、なんと再びボビー・ハットフィールドのソロを前面に出し、サウンドのキモはビル・メドレー風というか、幾分大人びた感じのスペクターサウンドが聞かれます。ちなみに『アンチェインド・メロディ』は本来、フィル・スペクターが自作&プロデュースしたシングル「Hung On You」のB面でしたから、それがあまりヒットせず、逆にビル・メドレーのプロデュース曲『アンチェインド・メロディ』がライチャイス・ブラザースを代表するヒットになったのは屈辱、という想像は易いと思います。当然ながら、この時期を境にしてフィル・スペクターとライチャイス・ブラザースの関係は上手くいかなくなり、またビル・メドレーとボビー・ハットフィールドの2人にも確執が生まれました。ところでフィル・スペクターを強く意識するようになったのは、やはりビートルズの「レット・イッド・ビー」に纏(まつ)わるゴタゴタがあってのことですから、つまりは1970年前後なんですが、実は当時の日本ではフィル・スペクター関連のレコードを聴くのが容易ではありませんでした。前はキングレコードから、ロネッツやライチャイス・ブラザースのシングル盤が出ていたのですが、契約の関係で、その頃には権利がポリドールに移り、『アンチェインド・メロディ』も前述のヒット曲をカップリングした再発盤です。ライチャイス・ブラザースも、実は1966年にフィル・スペクターと決別してヴァーヴに移籍していたことから、関連音源がポリドールで発売されるのも理解されるところではありますが、このあたりの権利関係の分かりにくさは、後々まで問題として残るのです。また、ビル・メドレーとボビー・ハットフィールドの間も確執が強まり、1968年にはライチャイス・ブラザースが解散。しかも同じ頃、フィル・スペクターも本国アメリカでは完全に落ち目で、なかなか音楽史的に微妙な立場なのが、『アンチェインド・メロディ』かもしれません。しかし、そんなあれこれは、この素晴らしい楽曲の前には問題になりません。何時聴いても感動を呼ぶ歌とは、こういうものを指すんじゃないでしょうか。本当に、そう思います。

アメリカ人のBILL MEDLEY(ビル・メドレー)とBOBBY HATFIELD(ボビー・ハットフィールド)で結成した60年代のBlue-Eyed Soul(白人ソウル・シンガー)デュオのTHE RIGHTEOUS BROTHERS(ライチャス・ブラザース)が歌うUNCHAINED MELODY(アンチェインド・メロディー)は1965年の大ヒットとなりました。その後、1990年の映画「GHOST(ゴースト/ニューヨークの幻)でテーマ曲として使われて再ヒットしたものです。DEMI MOORE(デミ・ムーア)主演の「ゴースト/ニューヨークの幻」はデミ・ムーアの一番のヒット作品で、アメリカでの公開当時に興行成績が第2位になりました。 恋人のサムが死んだ後のラブシーンは鳥肌が立つほど悲しくせつない上に、ライチャス・ブラザーズが歌うアンチェインド・メロディーは効果絶大です。涙ぼろぼろ。一途にサムを想うモリー役のデミ・ムーアが可憐!デミ・ムーアが可愛い。観ていない方は必見です。サムを演じたPATRICK SWAYZE(パトリック・スウェイジ)は1991年にはもっともセクシーな男といわれ、俳優だけではなくダンスや歌でも活躍していましたが、残念なことに2008年から闘ってきた膵臓癌(すいぞうがん)のため2009年9月に57歳でこの世を去りました。しかし、さすがは名女優、こんな涙を誘うほどいじらしい女性を演じたデミ・ムーアが Michael Douglas(マイケル・ダグラス)に対する逆セクハラ女上司を演じた1994年のDisclosure(ディスクロージャー)や改造肉体美のストリッパーを演じたStriptease(素顔のままで)の激しい演技に驚かされます。ライチャス・ブラザースは"Little Latin Lupe Lu"でデビューした後にPhil Spector(フィル・スペクター)のフィルズ・レコードに移籍し、フィル・スペクターが1964年にプロデュースした「You've Lost That Loving Feeling(ふられた気持)」がライチャス・ブラザースの初ヒット曲となりました。 標準演奏時間より長めの曲ですが最もよく聴かれているライチャス・ブラザースのヒット曲です。 "You've Lost That Loving Feeling"は後に体型が激変したVal Kilmer(ヴァル・キルマー)がアイスマンを演じた1986年の映画「Top Gun(トップガン)」でTom Cruise(トム・クルーズ)がバーのシーンで唄っていますが、「トップガン」のサントラにはライチャス・ブラザースの「You've Lost That Loving Feeling(ふられた気持)」が収録されています。ライチャス・ブラザーズが1966年にヴァーヴ・レコードからリリースした"Soul And Inspiration"が初の全米1位に輝きました。 その後1968年に面長のBill Medley(ビル・メドレー)がソロとなってライチャス・ブラザーズは一時活動を停止したことがあります。2003年にはBobby Hatfield(ボビー・ハットフィールド)がコカインの過剰摂取で亡くなりました。 後期のヒット曲に1974年の"Rock And Roll Heaven"などがあります。

ライチャス・ブラザーズ (The Righteous Brothers) は、アメリカ合衆国のデュオ。いわゆるブルー・アイド・ソウルの代表格で、1960年代に「ふられた気持」や「ひき潮」「アンチェインド・メロディ」などのヒット曲で有名。2003年に、ロックの殿堂入りを果たした。ビル・メドレーとボビー・ハットフィールドの2人から成るデュオで、1962年に結成され、1963年にデビュー。その後、フィル・スペクターが設立した『フィルズ・レコード』に移籍し、1964年に「ふられた気持(You've Lost That Lovin' Feelin')」が全米1位を記録。1965年には「アンチェインド・メロディ(Unchained Melody)」が全米4位となる。1966年、今度は『ヴァーヴ・レコード』に移籍し、そこでも「ソウル・アンド・インスピレーション(Soul And Inspiration)」を全米1位に送り込む等、ヒットを放つが、やがてビルが独立し、勢いを失って解散状態となる。1974年に再結成され、「Rock And Roll Heaven」をヒットさせるが、その後しばらく、第一線に出ることはなかった。「ふられた気持」は、ダリル・ホール&ジョン・オーツやザ・ファームにカヴァーされた。1986年公開の映画トップ・ガンでYou've Lost That Lovin' Feelin'が使用された。主人公ピート・ミッチェルとチャーリーが初めて出会った時は同僚たちの合唱で、2人の再会の時にはチャーリーがジュークボックスでリクエストした。1987年、ビル・メドレーはジェニファー・ウォーンズと「(I've Had)The Time Of My Life」をデュエットした。映画『ダーティー・ダンシング』で使用されたこともあって、ヒットする。1990年公開の映画『ゴースト/ニューヨークの幻』に「アンチェインド・メロディ」が使用され、リバイバル・ヒットした。2003年にロックの殿堂入りを果たし、授賞式でのプレゼンターをビリー・ジョエルが務めた。しかし、その年の11月5日、ボビー・ハットフィールドが麻薬のオーバードーズで亡くなった。
















sm0340.jpg


▲THE RIGHTEOUS BROTHERS(ライチャス・ブラザース)

左 BILL MEDLEY(ビル・メドレー)

右 BOBBY HATFIELD(ボビー・ハットフィールド)


















STAR





Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif