永遠の夢に向かってアンチェインド・メロディ

 

アンチェインド・メロディ

アンチェインド・メロディ

















3b69ecb97e8978d7e371a7fae3a205c0ae21e81200.jpg




















Righteous Brothers - Unchained Melody






































アンチェインド・メロディ(Unchained Melody)は、1955年の楽曲。作曲:アレックス・ノース、作詞:ハイ・ザレット。この曲は様々な言語で500種類を超えるバージョンで録音され、20世紀で最も録音された曲のうちの1曲となった。1955年、ノースは刑務所映画『アンチェインド』(日本未公開)の主題歌として、この曲を作曲した。トッド・ダンカンが歌うバージョンが、そのサウンドトラックに収録されている。レス・バクスターが発表したインストゥメンタル・バージョンは、1位を記録した。ビルボード・チャートで 3位を記録したアル・ヒブラー、イギリスで 1位を記録したジミー・ヤング、そして R&Bベストセラー・リストで 1位とポップチャートで 6位を記録したロイ・ハミルトンによってこの曲は発売された。その他、100以上のバージョンが録音された。20世紀後半のジュークボックスの基準となったのは、1965年6月にライチャス・ブラザーズが録音したバージョンである。そのバージョンは、1990年の映画『ゴースト/ニューヨークの幻』の主題歌に採用され、全英シングルチャートで1位となるリバイバル・ヒットとなった。オリジナルは、1955年、アレックス・ノースと作詞家のハイ・ザレットは、刑務所映画『アンチェインド』の主題歌を制作し、その歌は「アンチェインド・メロディ」として知られるようになった。詞の中には、実は「Unchained(=解放されるの意)」は登場せず、「長い間ひとりぼっち」で会えなかった恋人への愛を、作詞家のザレットは歌詞に書いた。1955年の映画は、刑務所から逃走して妻や家族の下に戻ることを考える男性の物語である。トッド・ダンカンがボーカルを歌った。この曲は1955年のオスカーにノミネートされたが、アカデミー歌曲賞は「慕情」が受賞した。初期のバージョンは、トッド・ダンカンは映画のサウンドトラックのためにボーカルを歌った。レス・バクスターは、最高1位を記録するインストゥメンタル・バージョンを発表した。続いて発表されたアル・ヒブラーのボーカル・バージョンは、ビルボード・チャートで3位を記録した。イギリスのチャートで1位を記録することになるジミー・ヤングのバージョンが、続いて発表された。ロイ・ハミルトンのバージョンは、R&Bベストセラー・リストとポップ・チャートでそれぞれ 1位と6位を記録した。1955年3月15日に録音されたジューン・ヴァリのバージョンは、29位を記録した。ジーン・ヴィンセント&ヒズ・ブルー・キャップスは、1956年に発表した2ndアルバムにこの曲を収録した。彼のバージョンは、ミディアム・テンポでギター・パートのトレモロを特徴としている。ブリッジも省略されており、最も挑戦的なカバー・バージョンである。この曲は第28回アカデミー賞の歌曲賞にノミネートされ、1956年のアカデミー賞でハリー・ベラフォンテが演奏した。1963年には、ヴィト&サルテーションズによるアップデンポのドゥーワップ・バージョンが米国東部のチャートをにぎわし、このバージョンは1990年の映画『グッドフェローズ』に収録された。ペリー・コモは1955年にこの曲を録音した。イギリスのジャズ・ミュージシャンであるクリフ・タウンセンド(スカドロネイアーズ)は1956年にカバーを発表した。1965年に発表されたフィル・スペクターがプロデュースしたバージョンは、演奏者はライチャス・ブラザーズでクレジットされているが、実際はボビー・ハットフィールドのソロである。後にハットフィールドは、ソロ名義でクレジットしたカバーバージョンを発表した。ライチャス・ブラザーズのバージョンは、4位まで順位を上げた。














STAR





Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif