HOMME LESS

HOMME LESS

















4857686341280x720.jpg




















映画『ホームレス ニューヨークと寝た男』公式サイト


















































映画『ホームレス ニューヨークと寝た男』~究極の断捨離か? 日本の格差社会の未来モデルか?

日本には関係ないことのように思われた『格差社会』。だが、いつのまにか日本も「子ども(0~17歳)の6人に1人が貧困状況にある」という社会へと変貌し、格差は拡大する様相を見せている。日本の数十年先を行く未来の社会モデルとして比較されるアメリカでは、中産階級が失われて二極化が進展した結果、「米国を再び偉大に」と訴えたドナルド・トランプ氏が第45代アメリカ合衆国大統に就任する。新大統領の大きな支持層となったのは、生活不安を抱える白人労働者だ。ある日、職を失い、住む家を失う危機は誰にでも起こり得るのだ。ある統計によれば、米国の「貧困層」は4600万人にも及ぶという。さらに4600万人の背後に多くの「予備軍」が控えている。米国政調査局が2011年11月に明らかにした「新貧困算定基準」に基づくと、米国民の3人に1人が貧困、あるいは貧困予備軍に入る計算になるという。事実、米ニューヨークでは貧困層やホームレスが増加。ニューヨークのホームレスは約6万人と見積もられており、この数は1930年以来、最大だという。アメリカの貧困・ホームレスの問題に取り組んでいる組織の報告には、アメリカでは年間約300万人がホームレスの経験者となっているというものもある。



一見勝ち組に見えるナイスミドルが帰るのは<ビルの屋上>

そんなニューヨークで住居を持たず、マンハッタンのビルの屋上で6年間も寝泊りしながら、フォトグラファーとモデル業を行っているマーク・レイを追ったドキュメンタリーが『ホームレス ニューヨークと寝た男』だ。2014年にアメリカで公開されるや否や、独創性あふれる『家なし』のライフスタイルは大きな反響を呼び、米ニューヨーク・ドキュメンタリー映画祭2014では、優れたドキュメンタリー作品に与えられるメトロポリス・コンペティション審査員賞を獲得した。若い頃からモデルとして活動してきたマークは、50代だが長身でルックスがよく、チャーミングなキャラクターで人を惹きつける魅力に溢れている。デザイナーズスーツを身にまとい、高級な革靴をはき、まるで大金持ちのようにマンハッタンを闊歩する。見るからに恵まれていて、一流のファッション業界や映画の世界で働く裕福に見えるマークだが、夜中に帰り着くのはアメリカン・ドリームが悪夢に変わった場所なのだ。成功したナイスミドルにしか見えない彼が帰る場所は、友人が住む部屋があるビルの屋上。ヨーロッパで数年過ごした後、6年前にニューヨークに戻って来た彼は、とある事情からビルの屋上で一夜を明かすことになり、それ以来、『屋上生活』を続けている。マークにはそれなりに仕事がある。街を歩くモデルやファッショニスタたちのスナップ写真を撮るストリート・フォトグラファーであり、映画のエキストラとしても活動している。時には、友人たちと洒落たレストランで食事をとるくらいの余裕はある。だが、マンハッタンに部屋を借りたり、家を持とうとは思わない。そんなマークにニューヨークで久しぶりに再会した、元モデル仲間である本作の監督トーマス・ヴィルテンゾーンは、彼の『秘密の生活』を知り驚愕したという。そして、『世界一スタイリッシュなホームレス』に3年間密着して、そのユニークなライフスタイルに迫った。マークは、ジムのロッカー4つ分に入る荷物しか持たない。身だしなみは、完璧な肉体を維持するためにエクササイズに励むジムや公衆トイレで調える。ある種『究極のミニマリスト』、いや、『究極の断捨離』か……。



日本でも意外と起こり得るホームレス生活

物質主義から解放され、屋根がなくても雨風、寒さをしのぎそれなりに快適に生きる。だが、マーク自身は、華やかで自由で気ままに見える生き方に決して満足しているわけではない。家庭を持つことをあきらめる一方で、人生のパートナーと巡り会いたいという願望も抱いている。年老いた田舎の母がひとりで暮らす家に戻れば、50歳を過ぎて住む家もない自分に劣等感を抱くこともある。映画のなかでマークが、「どうしてこうなってしまったんだろう?」と自分に問いかける。もう若くはない年齢を考えれば、老後にも不安を抱いて当然だ。ホームレス生活が、思っている以上に我々の身近であり、我々が『普通の生活』と呼んでいるものとほとんど見分けがつかないものだとしたら? 『ホームレス ニューヨークと寝た男』は、現代の姿をありのままに映し出すことで、家やすべてを失うことが、意外と身近に起こり得るという疑問を投げかけている。



日本人にとって他人事ではないマークの葛藤

翻(ひるがえ)って、日本はどうだろうか。いわゆる路上や野宿の生活者ばかりがホームレスではない。ネットカフェなど夜間営業店舗を渡り歩く人など、ホームレスの形態は多様化している。住まいのない人を囲い込む「貧困ビジネス」が社会問題となって久しい。アメリカで起こったことは、時を遅くして日本でも起きることが多い。現在のアメリカ社会は、今後の日本社会かもしれないのだ。非正規雇用者の割合が4割を占める日本では、経済的に安定した堅実な生活を選ぶことが難しくなりつつある。少子化の理由のひとつにも挙げられる、経済的な理由のため結婚したくてもできないというケースも依然として増えている。また、老後の十分な蓄えがなく、60歳を過ぎてもパートで働き、生活費を稼がなければならない老年のワーキングプアも問題視されている。年金や貯蓄が少なく、病気、事故、熟年離婚などを理由にやむを得なく貧困生活を強いられているいわゆる『下流老人』だ。こうした社会問題を抱える日本人にとって、マークの葛藤は決して他人事ではない。

















ダウンロードVVCVCV






homme-less-2-1200x430_convert_20170111000901.jpg

















STAR



Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif