永遠の夢に向かってI've Never Been to Me

 

I've Never Been to Me

I've Never Been to Me

















dsc8879.jpg




















♬I'VE NEVER BEEN TO ME - CHARLENE




































「愛はかげろうのように」( I've Never Been to Me)は、1976年のアメリカの歌。1977年にリリースされたシャーリーンのバージョンが代表的なものとして知られる。作詞・作曲はモータウンのヒットメーカーとして知られるロナルド・ノーマン・ミラー (en:Ron Miller (songwriter))とケネス・ハーシュ (en:Ken Hirsch)。オリジナル版と初期のレコーディングは、最初に録音がリリースされたのは、ランディ・クロフォードの歌唱版で、彼女の1976年のアルバム「Everything Must Change」に収録されたものである。このほか1977年には、シャーリーンのバージョンのほかにも、ナンシー・ウィルソンやウォルター・ジャクソン (en:Walter Jackson (singer))によって録音され、ナンシー・ウィルソンのバージョンは、この歌の初めてのシングルカットとしてビルボードのR&Bチャートで47位まで上昇した。ウォルター・ジャクソンのバージョンは、男性の視点に修正した歌詞で歌われたが、1977年春に出た彼のアルバム「I Want To Come Back As A Song」に収録されている。1978年2月に、メアリー・マグレガー (en:Mary MacGregor)によるバージョン(日本語題は「幸福(しあわせ)はかげろうのように」)が、彼女のアルバム「In Your Eyes」からの先行シングルとしてリリースされた。このバージョンはビルボードのイージーリスニングチャートで29位に達した。1978年にはマーティ・ケイン (en:Marti Caine)もアルバム「Behind the Smile」用にこの歌を録音してシングルカットし、ドイツの歌手マリー・ロース (de:Mary Roos)はミヒャエル・クンツェのドイツ語詞によるカバー「Doch mich selber kenn ich nicht」をアルバム「Maryland」に収録している。
















STAR




Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif