永遠の夢に向かってI Love Rock and Roll

 

I Love Rock and Roll

I Love Rock and Roll

















the-runawaysvcvv.jpg


















The Runaways















































クリステン・スチュワート(Kristen Stewart)は、アメリカ合衆国で活動する女優。『トワイライト』シリーズのベラ・スワン役で知られている。また、『パニック・ルーム』、『ザスーラ』、『アドベンチャーランドへようこそ』などにも出演している。カリフォルニア州ロサンゼルス出身。父親のジョン・スチュワートはFoxのプロデューサー、母親のジュールズ・マン=スチュワートはオーストラリア・サンシャイン・コースト出身の脚本家、兄のキャメロンはサーファー。もう一人養子である兄テイラーがいる。1999年頃からのテレビドラマの端役として出演し、2001年公開の映画『The Safety of Objects』でパトリシア・クラークソンの娘役で映画デビュー。2002年公開の『パニック・ルーム』で主演がニコール・キッドマンからジョディ・フォスターに交代したことから、娘役も当初キャスティングされていたヘイデン・パネッティーアからクリステンに代わった。この作品でハリウッド注目の子役となる。2008年にはステファニー・メイヤー原作のベストセラー小説『トワイライト』に主演のベラ・スワン役で出演。映画は1億ドルを超えるヒットとなり大ブレイク、この作品でMTVムービー・アワード女優賞を受賞した。翌年公開の続編も大ヒットとなり、英国アカデミー賞ライジング・スター賞を受賞。以降続編の『ニュームーン』、3作目の『エクリプス』など、トワイライト・サーガの全編でベラ役を演じている。2015年、『アクトレス〜女たちの舞台〜』でセザール賞・助演女優賞を受賞。アメリカ出身女優のセザール賞初受賞となった。2010年7月、『ニューヨーク・マガジン』によると、スチュワートはトワイライトの最終章の『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part1』と『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part2』の2部作でそれぞれ2500万ドル(日本円で約22億5000万円)の出演料が約束されており、作品がヒットすればさらにプラス1600万ドル(日本円で約14億4000万円)を手にすることになるという。ハリウッドにおいて2000万ドル以上の出演料を手にする俳優は「A級リスト俳優」と呼ばれ、ウィル・スミスやトム・クルーズなどの一握りの人物に限られており、若手女優としては異例である。2011年2月、『ヴァニティ・フェア』誌が「2010年にハリウッドで最も稼いだ人たち」のランキングを発表し、2010年のギャラが推定で2,850万ドル(日本円で約23億3,700万円)になることがわかった。2011年6月、経済誌『フォーブス』が「最も稼いでいる30歳未満のセレブ」を発表し、2,000万ドル(日本円で約20億円)を稼いで15位にランクインした。














STAR





Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif