永遠の夢に向かってアイ・ソー・ザ・ライト

 

アイ・ソー・ザ・ライト

アイ・ソー・ザ・ライト

















CtfnoWTUIAAefRx.jpg
















映画『アイ・ソー・ザ・ライト』公式サイト














































『アイ・ソー・ザ・ライト』(I Saw the Light)は、2015年のアメリカ合衆国の伝記ドラマ映画である。監督と脚本をマーク・エイブラハムが手がけている。トム・ヒドルストンがハンク・ウィリアムズを演じ、エリザベス・オルセンがオードリー・ウィリアムズを演じている。1940年代、アメリカにあって、カントリー・ミュージックの新鋭ハンク・ウィリアムズはその才能を見出され、順風満帆の日々を送っていた。もっとも彼が愛していた女性歌手オードリーは、その才能の欠落にもめげずハンクとともに舞台に立ち、同等の評価を認めるよう要求してハンクの母リリーにも嫌悪されていた。オードリーがハンクの子を宿したことで、彼らの家庭にも暖かな空気が満ちることとはなる。しかし、ハンクが独りミュージシャンの登竜門といわれるラジオ番組、『グランド・オール・オプリ』への招聘を受けたことで名声は絶対のものとなり、始まった多忙な日々のなか、家族の絆は失われてゆく。孤独のなか酒と女遊びに溺れてゆくにつれオードリーとの関係は冷え切り、離婚ののち彼はビリー・ジーンやボビーといった女性たちと関係を深める。自身の評価が高まる中、ハンクは肉体と精神を酒に蝕まれ、移動のための自動車で若い命を散らせてゆくのだった。














STAR





Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif