永遠の夢に向かって三洋ソーラーアーク

 

三洋ソーラーアーク

三洋ソーラーアーク

















dc18b749.jpg



















SANYO SOLAR ARC















































ソーラーアーク(Solar Ark)は、三洋電機が2002年に開館した太陽光発電施設である。会社設立50周年記念事業として2001年12月21日に岐阜事業所に竣工した。太陽電池科学館が併設されている。太陽電池パネルは2000年に同社の太陽電池出力表示問題で回収したものが使用されている。また、東海道新幹線の沿線(岐阜羽島駅〜米原駅)に位置し、名神高速道路からも遠望できる。太陽電池科学館ソーラーラボがあり、太陽光発電と環境問題に特化した展示をする。入館料は無料で午前9時30分から午後4時30分まで開館する。休館日は毎週月曜日で、月曜日が祝日の場合は翌日が休館日となる。2009年7月より、見学は学校関係の団体に限定する。なお、2012年から新体制となるパナソニックグループのブランド戦略の一環として、中央に掲げられている「SANYO」ロゴを2011年8月に「Panasonic」ロゴへ改めた。



大きさ:全長315m、地上高37.1m(最高部)

太陽電池:単結晶シリコン太陽電池

パネル枚数:5,046枚(パネル一枚:幅1320mm×高895mm×厚35mm)

最大出力:630kW

年間発電量:約53万kWh















04px400.jpg





06px400.jpg





05px400.jpg



















STAR






Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif