永遠の夢に向かってダーティ・バンク

 

ダーティ・バンク

ダーティ・バンク

















82988758298874.jpg



















The Clash - Dirty Punk









































カット・ザ・クラップ (Cut the Crap) はザ・クラッシュの最後のアルバム。1982年の『コンバット・ロック』の後を受け1985年に発表された。1982年のトッパー・ヒードン解雇、1983年のミック・ジョーンズ脱退以降、はじめてのアルバムでもある。ギタリストのヴィンス・ホワイトによると、このアルバムは『アウト・オヴ・コントロール』という仮タイトルを付けられていたが、発売直前にバーニー・ローズが独断で『カット・ザ・クラップ』に変更したということである。ローズはホセ・ウニドス名義でプロデュースもしている(実質的プロデュースはジョー・ストラマーと思われる)。コンピレーションアルバム『エッセンシャル・クラッシュ』、『シングルズ・ボックス』には、このアルバムから唯一「ディス・イズ・イングランド」が収録されたが、3枚組ベストアルバム『クラッシュ・オン・ブロードウェイ』には一曲も選ばれていない。2000年1月、他のアルバムと同時に、ボーナストラック「ドゥー・イット・ナウ」を追加したリマスター版が再発売された。「ザ・クラッシュ2」(新ラインナップがこう呼ばれることがある)による『カット・ザ・クラップ』収録曲の演奏は海賊版で入手可能である。先行シングルの「ディス・イズ・イングランド」の売上以外は商業的に惨憺たるものであった。ミックの不在と、ヒードンの解雇により、『カット・ザ・クラップ』はジョーのソロ・アルバムとみなされている。このアルバムの最大の欠点は、ジョーがバンドに幻滅していたこと、そしてジョーの両親の相次ぐ死が彼を深く落ち込ませていたことである。ジョーは後に、このアルバムとの関連を否定した。1989年のインタビューで彼は新メンバーについてこう語った。「奴らのことは時々考えるよ。奴らの人生が台無しになっていなければいいけど」結局、このアルバムは旧メンバーも含めた純粋なクラッシュファンからはクラッシュ史に存在しないものとされており、ドキュメンタリー映画『ウェストウェイ・トゥ・ザ・ワールド』でも触れられていない。
















clash-onstage-preston-corbis-650-80.jpg

















STAR


Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
Brand New Cadillac   ←Brand New Cadillac 【2016年11月】の更新記事一覧 →Where's Waldo?  Where's Waldo?
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif