永遠の夢に向かってTHE GHASTLY ONES

 

THE GHASTLY ONES

THE GHASTLY ONES

















-e1437490869486_convert_20161030222406.jpg



















The Ghastly Ones - Unearthed








































LAガレージ・シーンの雄、THE GHASTLY ONES。Dr.のノーマンとGt.のゲイリーを中心に'96年に結成したガレージ・インスト・バンド。コンセプトは『サーフィン・ホットロッド in 墓場』という下品極まるものでDICK DALEやTRASHMENを彷彿とさせるロッキン・サーフにDAVIE ALLANばりのバイカー・インストの疾走感を兼ね備えCRAMPS的なB級ホラーテイストをゴッテリと盛り込むというオレのツボをどストライクに捕らえきったバンドだ。zombie a go-go recordsというナイスな名前のレーベルから出るのだが、このレーベルの創設者は、なんとあのROB ZOMBIE先生。(ROB ZOMBIE・・・元WHITE ZOMBIE。ロック界のリビング・デッド。最近ではカルトホラー映画『マーダー・ライド・ショー』の監督としてお馴染み。ちなみに、オレと誕生日が一緒。)このレーベルの第一弾アーティストがGHASTLY ONESでどうも彼らに惚れ込んだ先生が勢いあまってレーベルまで立ち上げちゃった模様。とにかく音に品がなくて最高。この仄暗くドロドロしたホットロッド・サウンドはCRAMPS周辺のホラーパンク・フリークスにはたまらない。暴力的なファズ・ギターと原始的なドラムだけでご飯3杯は間違いなくイケる。一曲一曲の出来が異常に良く、インストということも手伝って流しでずーっと聴いていられるのも評価すべき点だ。さらにビジュアル面も素晴らしい。Screaming Lord Sutchのオマージュとしか思えない英国貴族風衣装をまとい首元に光るアイアンクロスが非常に洒落ている。CDのジャケットや中ジャケのアートワークも良い意味でセンス悪くホラー好きならニヤリとさせられること必至。何から何までオレ向けで嬉しくなる。そもそもサーフは大まかに二種類あって、一つはDICK DALEやVENTURESみたいなインスト系。もう一つはBEACH BOYSや後のBARRACUDASのようなハイトーン・コーラス系。GHASTLY ONESは前者だが、オレはどちらのサーフも大好物。最近ではサーフというとJACK JOHNSONとかG.LOVEのようなゆったりまったりなものを指すみたいだがどうもその表現には違和感とむず痒さを感じてしまう。G.LOVEは好きだけど、この手の音をサーフとされるのはどうかと。ガレージ好き、サーフ好き、ホラー好きには間違いない作品だ。今では廃盤でなかなか入手が難しいみたいだがもし中古盤屋で見つけたら、金を惜しまず買ったほうがいい。それでも絶対に損はない神盤であると胸を張って言える。
















STAR




Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif