セロー250

セロー250
















HGFGHFHF.jpg




















ヤマハ発動機株式会社



































セロー(SEROW)は、ヤマハ発動機が1985年から日本で製造しているオフロードタイプのオートバイで、31年以上生産が続いているロングセラーモデルである。serou [səˈroʊ, ˈsɛroʊ](セロー)とは日本語ではカモシカであり、カモシカが「獣道を身軽に長距離走り抜く」というイメージが当車のコンセプトに合致するため採用された。当モデルは初心者から熟練者まで幅広い層の支持を受けているのが最も大きな特長である。 またセローは「マウンテン・トレール」車であり、林道や山道や獣道(けものみち)あるいは道なき山奥などでの走破能力に優れたモデルである。 山奥で安全に遊ぶことも可能であり、トライアル的な走りかたも可能であり、それでいながら街乗りやツーリングにも柔軟に対応する。セローの初期モデルが市場に登場してしばらくするうちに多くの人々に支持されるようになった理由としては、「二輪二足」という基本コンセプトを、シートの低さ(=足つきの良さ)や低速・高トルクに設定された第1速などで実現していたこと、また、(当時のオフロード他車に比べて)車重が軽く、ハンドル切れ角も大きく設定されており坂道の途中でUターンもしやすいなど、その「扱いやすさ」「取り回しのしやすさ」が徹底されていたこともある。また車体・外装に着目してみると、ユーザーが林道や山道などのダートや急傾斜にあえて大胆に挑戦して転倒する場合もあることを前提として設計や素材の選定が行われており、転んでもダメージが非常に少なく、走行しつづけることができる、と評価されていることも特長である。セロー225は、セルを装備した第二世代が登場した1995年には(単年での)登録台数9505台を記録した。その後も各社から次々と発表・販売され入れ替わってゆく様々なオートバイ車種に対して、セローは長年に渡り比較的上位の販売台数を保持しつづけ、細部の熟成も重ねつつ、息の長いロングセラーとなった。日本でオートバイに対しても排出ガス規制が施行されたこと等も踏まえつつ、2005年には、基本コンセプトをほぼ継承しつつ250ccエンジンを採用したモデルが登場した。セローは「気軽で扱いやすい」存在で、「持っていて負担にならない」という特徴があり、また好燃費で気軽にツーリングに出かけることのできる車体であり、初心者や女性ライダーにとっては扱いやすく壊れない安心して乗れる初めてのバイクとして、ベテランにとっては、いつまでもつきあいつづけることができ、林道や山中で楽しく冒険することもできるタフなバイクとして人気を保ちつづけている。2010年8月にはセロー発売25周年を記念してSEROW Natural Holidayというイベントが富士山の麓の御殿場市で開かれ、300台を超えるセローが集った。セローが登場した1980年代中期には人々の間でカタログ上での表面的・観念的な数値(スペック)ばかりで判断するという「スペック至上主義」のようなものが横行しており、(出力などの)突出した一部の数値ばかりに気をうばわれ、実際に乗って現実の道を走行したときの本当の乗りやすさや楽しさ、というものがあまり理解されていなかったが、セローのコンセプトというのは当時のそうしたスペック至上主義の悪しき風潮を乗り越えたものである。オフロード・バイクのメッカ、カリフォルニアのゴーマンのオフロード・パークを訪問したあるヤマハ社員(近藤[)は、そこでエンデューロ的な楽しみ方が主流になっていることを見て、またそこではDT1(=ヤマハのオフロードバイクのルーツ的なモデル)が大活躍していることに良い意味で衝撃を受け、日本に帰国してから(すでにあったヤマハのモトクロス・コースの他に)ゴーマンのオフロード・パークの縮小版のようなテストコースをわざわざ造った[1]。そんなころにヤマハ・XT200(DT125をベンチマークにして、125cc級の車体に200ccのエンジンをのせたモデル)に乗る機会を得て、それがDT1の延長上にあり、多用途性のベストバランス・バイクのイメージだということに気づき、同モデルを成熟させることで「新世代のDT1」を生み出す、ということに思い至った。そしてXT200の次期モデルが立ち上がるタイミングを狙い、社内で提案を行い、彼が思い描く理想のモデルのプロトタイプを手作りで製作した。だがベスト・バランスということは、ひとつひとつの数値(スペック)は突出していないということなので(当時のスペック至上主義の風潮もあり)社内では発売に対して否定的な意見ばかりだったが、上記の日本に造ったテスト・コースにおいて、(既存のモトクロス車なども含めて)様々なモデルの、社員による体験試乗会を実施したところ、近藤のプロトタイプのもたらす楽しさ、つまり競技ではなく、何度も足をついてもいいから山頂までたどり着くことの爽快感、同車のコンセプトが社員たちに理解されるようになり、役員の中にもこのモデルを強く推す人が出た。かくしてXT200の良さを残しつつ、弱点を補強しオリジナリティを持たせる手法でセローは開発された。具体的には「走る・曲がる・止まる」という通常の三原則の他に「転ぶ」という原則を加えた点が新しく、いろいろな場面でわざと転ぶテストを徹底して行ったのである[1]。かくしてセローの特徴、すなわちXT200よりも25mm低いシート高や、左右それぞれ51度のハンドルの切れ角、転んだ時のための引き起こし用のグリップ(車体側面や車体前部ヘッドライト下につけられている取っ手) などが生まれた。エンジンの排気量は、XT200の200ccから増強されたが、ベストバランスを実現するために、あえて法的な境界線である250ccにはせず、225ccとした。これにより「225」という、他車には見られない、象徴的な排気量となったのである。
















STAR



Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif