永遠の夢に向かって悪魔を憐れむ歌

 

悪魔を憐れむ歌

悪魔を憐れむ歌

















9999125b258d24c96cd706720eaf8729.jpg
▲hyde park london


















ブリティッシュロック王道名鑑 -THE ROLLING STONES-








































「悪魔を憐れむ歌」(あくまをあわれむうた、Sympathy for the Devil)は、イギリスのロックバンド、ローリング・ストーンズの楽曲で、1968年のアルバム『ベガーズ・バンケット』のオープニングを飾る。発表当初は物議を醸したが、多くのミュージシャンによってカバーされ、ローリング・ストーン誌が2004年に選出した「ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500」にて32位にランクインした。「悪魔を憐れむ歌」は、チャーリー・ワッツのリムショットとロッキー・ディジョーンのコンガ、そしてビル・ワイマンのマラカス(シェケレの一種)が刻むサンバ調のリズムで始まる。当初はフォークソング調の編曲を加える予定だったが、ギターのキース・リチャーズの意見が取り入れられ、パーカッションを用いたサンバのテンポへと変更された。ボーカルのミック・ジャガーは、1995年のローリング・ストーン誌インタビューで、サンバは原始アフリカやラテン・アメリカまたはカンドンブレのリズムのような惑乱的なグルーヴを持ち、強力な作品を作るには持って来いの媒介になるため選択したと答えている。これらリズムに呪術的なコーラスが加わり、曲全体の雰囲気を醸し出している。この曲は、ミックとキース・リチャーズ共作(ジャガー/リチャーズ)とクレジットされているが、基本的に作詞、作曲はミック一人で行われており、キースは「別のリズムでやってみたらどうか」と提案したのだという。歌詞にはシャルル・ボードレールの作品が影響したという意見があったが、これを聞いたジャガーは否定し、仮にフランス文学からアイデアを得たとしてもそれはボブ・ディランの歌に影響を受けたのと同程度だと回答をしている。ただし、2002年のインタビューでリチャードは当初のフォーク・アレンジはボブ・ディラン調だったとも話している。ニッキー・ホプキンスのピアノが入るのと同時に、ミックの歌唱が始まる。実際には、歌詞は1920年代に執筆されたミハイル・ブルガーコフの小説「巨匠とマルガリータ」との著しい類似が散見され、大きく影響を受けたと解釈されている。
















STAR




Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif