永遠の夢に向かってファンダンゴ

 

ファンダンゴ

ファンダンゴ

















DSCBMBMM0642_convert_20161018211112.jpg

















ZZ Top Official Website






































『ファンダンゴ!』(Fandango!)は、アメリカ合衆国のロック・バンド、ZZトップが1975年に発表した4作目のアルバム。冒頭の3曲(LPのA面)はライヴ音源で、残り6曲(LPのB面)はスタジオ録音の新曲という変則的な内容。LPのA面には、ニューオーリンズのウェアハウスで行われた公演のライヴ音源が収録された。「監獄ロック」はエルヴィス・プレスリーのカヴァーで、「バックドア・メドレー」に組み込まれた「メロウ・ダウン・イージー」はリトル・ウォルターの歌唱で知られる曲のカヴァー。音楽評論家のデイヴ・ホワイトはAbout.comにおいて本作を「ライヴ・バンドとしての高い技量を披露している」を評している。本作はBillboard 200で10位に達し、前作『トレス・オンブレス』(1973年)に続き2度目のトップ10入りを果たした。1975年6月にはRIAAによってゴールドディスクに認定されている。スタジオ録音の新曲「タッシュ」はシングルとしてBillboard Hot 100で20位に達し、バンドにとって初の全米トップ40シングルとなった。また、ZZトップのアルバムとしては初めて全英アルバムチャート入りを果たしている。2006年にワーナー・ブラザーズ・レコードからリリースされたリマスターCDには、未発表のライヴ音源3曲がボーナス・トラックとして追加収録された。ZZ Top(ズィーズィー・トップ)は、1969年にアメリカ合衆国テキサス州で結成した、スリーピース・ロック・バンド。結成から40年以上、メンバーチェンジは一度もない。1969年、ギターのビリーを中心にメンバーが集まる。それまで各々はサイケデリック・バンドをやっており、ビリーのバンド The Moving Sidewalksは、ジミ・ヘンドリックスの前座をしたこともあった。その際、ジミに「アメリカで最高の若手ギタリスト」と称され、ピンクのストラトキャスターを贈られたこともあった。また、ダスティとフランクは、それまで同じバンドに在籍していた旧知の仲であった。バンド結成当初はブルースに根ざしたサウンドで、黒人のブルースマン達と一緒にツアーで周ることもあった。その頃、マディ・ウォーターズらと楽屋裏でポーカーをした逸話が残っているが、必ずマディの傍らにはピストルが置いてあり、それが怖かった、と回想している。1973年、3枚目のアルバムTres Hombresが発表され、1974年には同アルバムがゴールド・ディスクに輝く。それまでの精力的なライブ活動と、数々の大物バンド(ローリング・ストーンズやディープ・パープル、ジャニス・ジョプリン等)の前座経験がセールスに繋がったとされている。また、この頃から全米に名の知られるところとなり、コンサートの規模や観客動員数で記録を樹立して行く。トラック数台分に及ぶ膨大なステージセットを携え全米を回り、ステージに本物の蛇を持ち込むなど、ライブ・パフォーマンスも大きな話題を呼んだ。このアルバムに収録されたBeer Drinkers & Hell Raisersにおけるギターソロで用いられたライトハンド奏法は、商業用としては極めて初期の段階に録音されたものと見られている。このように、活動は上り調子となったものの、絶え間ないツアーとレコーディングの連続にバンドは疲弊。1977年をもって2年間の活動停止に入る。この間、ビリーとダスティの髭が伸び、その後よく知られるルックスになるが、2人はお互いにそのことを知らなかったという。1980年代初頭、当時の先端技術であるシンセサイザーを導入した頃から、バンドに転機が訪れる。それまでのブギー・ロックにプログラミングされたシーケンサーサウンドを導入、大胆な変化を見せる。そのサウンドが、アメリカの長距離トラック運転手達に特に好まれたこともあり、Eliminator, Afterburnerなどは、レコードよりもテープの方が売れることとなった。それと同時に、この頃始まった人気番組MTVにて「Legs」や「Sleeping Bag」など、コミカルなプロモーション・ビデオが毎日のようにオンエアされ、世界の幅広い世代から受け入れられるようになる。初来日したのも、ちょうどこの頃だった。サングラスとビリー、ダスティの凄まじく長い顎髭がインパクトを呼び、日本でも有名になる。バンド名にちなんで、1998年にはホンダ・ZのCMに起用された。1990年には、マイケル・J・フォックス主演の映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3」のエンディングテーマに「Doubleback」を提供した。これは「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズのファンである彼らの意向によるもの。湾岸戦争の際には、戦勝祈願コンサートを実施したことがある。90年以降、バンドサウンドはブルースに回帰する姿勢を見せている。ただし、新しいもの好きのビリーの趣味もあり、現代的なエフェクトやダウン・チューニングによる重厚なサウンドも多用され、新しい方向性を見出している。2004年にはロックの殿堂入りを果たし、授賞式でのプレゼンターはキース・リチャーズが務めた。WWEのファンであり、2009年7月20日にWWE・ロウのホストを務めた。2012年、9年振りの新作アルバムLa Futuraを発表。全米6位を記録し、Greatest Hits以来20年振りの全米トップ10入りを果たした。

ファンダンゴ(Fandango)はスペイン起源のダンス、またはそれとともに歌われる歌あるいは音楽。特にフラメンコで男女ペアで踊るダンスが有名。元来はギターと手拍子またはカスタネットで伴奏する活気あふれるダンスで、英語などではその様子から派生した「馬鹿騒ぎ」の意味でも使われる。元は6/8拍子で、その後3/8拍子、3/4拍子にもなった。起源・語源は定かでないが、ポルトガル起源とも言われ、18世紀始めのスペインの記録に見える。18世紀末にはスペインのみならず全ヨーロッパで知られ、バレエやオペラにも取り上げられた。クラシック音楽でも、モーツァルトの『フィガロの結婚』を始め、多数の作品に残る。現在はスペイン、ポルトガルのほか、かつてスペインの植民地だったフィリピンなどでもダンスとして残っている。 また、メキシコ南部のベラクルス州では、 人々が集いダンスを踊り楽器を奏で歌を歌う、コミュニティ全体で祝うパーティのことを「ファンダンゴ」と呼び、 人々はベラクルス州伝統の音楽であるソン・ハローチョの演奏に合わせ、サパテアドを踊る。
















zz-topptc0802w.jpg


















STAR




Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
Cadzzilla  ←Cadzzilla 【2016年10月】の更新記事一覧 →ホワイト・ルーム  ホワイト・ルーム
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif