永遠の夢に向かってティレル・ホンダ

 

ティレル・ホンダ

ティレル・ホンダ

















img04L.jpg

















Tyrrell HONDA
































ティレル・020 (Tyrrell 020) は、ティレルがF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カー。020は1991年の開幕戦から最終戦まで、020Bは1992年の開幕戦から最終戦まで、020Cは1993年の開幕戦から第9戦まで実戦投入された。1990年シーズンに実戦投入した019に引き続いてアンヘドラルウイングを採用。フロントダンパーは018以来継続するモノショック方式。エンジンはカスタマー仕様のフォードDFR (V8) に代わり、ホンダのワークスV10エンジンを獲得。前年のチャンピオンエンジンを搭載して、さらなる速さを追及した。しかし、この年に行われたレギュレーションの変更が大きな影響を与えた。フロントウイングの幅が1990年よりも100mm縮小されたためにフロントのダウンフォースが不足気味となった。さらにホンダエンジンはDFRよりも重量が大きいため、リヤヘビーなマシンとなり、マシン特性が強烈なアンダーステアを抱えることとなった。これに対処するためにチームはギヤボックスケーシングの軽量化を行い少しでも重量配分を改善しようとしたが、それが020のアキレス腱となった。重量配分は若干改善され、それなりの速さを見せるようになっていたが、速さを増したためにギヤボックスに掛かるストレスが増し、再びトラブルに見舞われるというイタチゴッコだった。また、ピレリタイヤのグリップ不足も常に問題となった。結局このシーズンは入賞は両ドライバー合わせて4回にとどまった。1991年限りで引退となった中嶋悟用に、日本GPには鈴鹿スペシャルのRA101E/SN(Satoru Nakajima)が搭載された。1990年夏にホンダエンジンの獲得が決定したとき、当時のテクニカルディレクターであったハーベイ・ポスルスウェイトが、「ケン(・ティレル)には、020に搭載するエンジンはフォードHBエンジンを選んでほしかった」と語っていた。1991年シーズンにHBエンジンを搭載したジョーダン・191が快走を見せたことから、ポスルスウェイトの指摘は間違いではなかった。















STAR




Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif