永遠の夢に向かってハングリアン民族

 

ハングリアン民族

ハングリアン民族

















P1130411.jpg

















カップヌードル 日清食品グループ

































自動販売機における商品販売

日本には、発売当時(1971年)からカップヌードルの自動販売機が存在する。第1号機は、東京・大手町にある日本経済新聞社東京本社に設置された。湯を供給する機能(無料・有料)もついており、主に高速道路のサービスエリアや幹線道路沿いの終夜営業の自動販売機コーナー、フェリー、企業、学校の休憩施設内、あるいはサウナ、カプセルホテル、漫画喫茶などの軽食コーナーなどに設置されている。当初はすべての製品にフォークが添えられていたが、後に割り箸に切り替えられ、現在箸の添付は自動販売機向け限定になった。希望小売価格よりも10-100円程度割高な料金で提供されることが多い。1975年に姉妹商品として同様の容器を使用し、自販機販売にも対応していたライス加工食品「カップライス」が発売されたが、短命に終わった。自動販売機向け商品として、容器をカップヌードルと同規格にしたタイプのどん兵衛、チキンラーメン、日清焼そば(基本的にUFOの名前は使われていないが、一時西日本地域ではUFOの名前を使ったものも見られた)も発売されている。基本的に自動販売機専用だが、一般店頭ではCGCグループのスーパーマーケットの一部など限定した販路で流通している他、ネットショッピングで購入できる場合がある。逆に、それらの通常版の製品の給湯が可能なタイプの自動販売機も提供されている。自動販売機版どん兵衛は容器サイズの関係上具が小さく、それによる顧客の不満を解消することが可能になる。














STAR




Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif