永遠の夢に向かってようこそトライアルの世界へ

 

ようこそトライアルの世界へ

ようこそトライアルの世界へ

















1401repsol4champs.jpg

















レプソル・モーターオイル公式サイト
































ホンダ世界選手権シリーズのスポンサー、レプソル(石油会社)のマルク・マルケス、ダニ・ペドロサ、トニー・ボウ、そして藤波貴久(ふじなみ たかひさ)。4人の世界チャンピオンの共演。レプソルは世界30カ国以上に展開する総合エネルギー企業であり、石油、LPG(液化石油ガス)やLNG(液化天然ガス)の探査・採掘・精製から石油化学製品の生産、輸送、販売までを手掛けています。レプソルはスペインでは最大の規模を誇り、民間企業としてLPGの卸売においても世界でトップ3企業です。1995年に始まったホンダとのパートナーシップは2014年に20年目を迎え、「レプソル・ホンダ」の名はモータースポーツの歴史の中で最も認識されているものの一つとなっています。レプソル S.A.(Repsol S.A., BMAD: REP)は、スペインの石油とガスの複合多国籍企業である。世界10大石油企業の1つであり、28カ国に活動拠点を持つ。中南米における最大のエネルギー関連企業である。フォーチュン・グローバル500によると、世界15位の企業であり、従業員数は世界各地で4万人を超える。レプソルはまたホンダ・レーシングと共にレプソル・ホンダチームを運営し、MotoGPに参戦していることでよく知られる。スペインに5カ所、アルゼンチンに3カ所、ペルーに1カ所の計9カ所の製油所を持ち、日産120万バレル以上の精製能力を有する。また、アルゼンチンの他の製油所やブラジルの2つの製油所とも協力関係にある。ヨーロッパや中南米を中心に6,900カ所以上の販売拠点ネットワークを持ち、石油製品の販売を行なっている。液化天然ガス(LPG)では年間300万トン程の販売実績があり、世界第3位の企業となっている。化学工業分野においては、レプソルはスペインに2カ所、アルゼンチンに3カ所の計5カ所のコンビナートを稼働させている。ヨーロッパ南部とメルコスールの各国が主な市場となっている。2004年12月31日現在の資本としては、額面1ユーロの株式が1,220,863,463株発行されており、スペイン、ニューヨーク(ティッカーシンボル:REP、ブエノスアイレスの各証券取引所で公開されている。レプソルはスペイン株式市場の最も重要な取引指標であるIBEX35中の1社となっている。2004年10月、アルフォンソ・コルティナ (Alfonso Cortina)の辞任を受けて、代表がアントニオ・ブルファウ (Antonio Brufau Niubo)に代わった。

トライアル (Observed trials, Motorcycle trials) は、高低差や傾斜が複雑に設定されたコースを、いかにオートバイに乗ったままで走り抜けることができるかを競うオートバイ競技である。現在は、ヨーロッパ(特にイギリスとスペイン)において盛んである。発祥時期は定かでないが、20世紀初頭のオートバイ出現と同時に、イギリス貴族の遊びとして始まった説がある。予め定められた競技時間(コースや大会によって異なるが、世界選手権で5時間から6時間)の間に、セクションと呼ばれる採点区間(通常10-15のセクションを2-3回走行する)を走行し、セクション毎に0~5点の範囲で減点を行う。セクション通過中に足を1回つくと1点減点、2回つくと2点減点、3回以上は3点減点になる。指定されたセクションのエリアを飛び出したり転倒した場合、足をついた状態でエンジンを停止させた場合、各セクション通過持ち時間(世界選手権1分30秒、全日本選手権1分など)以内にセクションを通過出来なかった場合、セクション内で車両がバックした場合、セクション通過を放棄した場合は5点減点となる。セクションを減点0で通過することをクリーンと呼ぶ。また、定められた競技時間内に全セクションを通過してゴールに到着できなかった場合、ゴールした時点での超過時間に応じたタイムペナルティが減点に加算される。こうして、全セクション終了時点で減点合計が一番少ない者が勝者となる。セクションは自然の地形を利用するものから人工的なものまでさまざまであり、コースの右側に赤いマークを、左側に青いマークを置く。オートバイの前輪が、複数の赤と青のマークの間を通らなければならない。セクションのエリアを明確にするため、補助的にコーステープを敷設する場合もある。また、セクション内には原則として競技者であるライダー以外の立ち入りは禁止であるが、例外としてマインダーと呼ばれる競技補助者が1名立ち入ることが許される。マインダーはライダーの走行するルートをライダーと共に考えたり、走行ルートに先回りをして路面状況などの情報やセクション内での時間経過をライダーに伝えたり、転倒などの際にライダーの身に危険が及びそうな場所では、万一の際にバイクを支えられるように用意したりするなど、ライダーのセクション走破を陰から支える役割を担う。なお、トライアルは他のモーターサイクルレースとは異なり、基本的に排気量によるクラス分けがない。これは、排気量が大きくなればパワーは向上するが、その分車重が重くなり扱いにくくなるといったように、単純に排気量の大小がバイクの優劣、ひいてはセクションの走破に決定的な役割を及ぼさないためである。そのため、競技においては250-300ccを中心として、さまざまな排気量のバイクが混走する。またライダーが自分のスタイルや技量に合った排気量を選択できるように、同じ車体を用いながら排気量を細かく設定しているメーカーもある。















STAR





Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif