MOTOCROSS

MOTOCROSS

















tumblruk1mwn9Ll1sctks0o100.jpg
















Motocross GP MX 2008







































モトクロス (Motocross、MX) は、オートバイ競技の一つ。公道を走行することのできないモトクロス競技専用車である「モトクロッサー」を用いて、未舗装のレース専用周回コースで順位を競う。ただし草レースの場合は、モトクロスであっても公道走行可能なオフロード向けオートバイでの参加も認めている場合もある。コースは、丘陵や斜面を利用して造ったり、平坦な土地に土を盛って造る。モトクロスはスタートに特徴があり、30台程度のバイクが横一列に並び、スターティングゲートを使用して一斉にスタートする。ただし、予選が行われた場合は、予選上位通過者からスターティンググリットを選ぶことができる。このレースは、起伏に富んだ土の露出したオフロードコースで競われる。コース上にはジャンピングスポットが設けられていることが多いため跳ねたり飛んだりといった三次元的なアクションが多く、レースの進行とともに変化する路面コンディションにより複雑な要素を含んでいる。最高速度は140km/h近くまで出るコースもあり熱狂的な愛好者も多く、世界各地で市民参加の草レースから公式レースまで様々なレベルで行われている。天候やコース状態の変化を考慮して、周回数でなく規定時間(例:モトクロス世界選手権では35分+1周)で争うよう定められている。日本国内では日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ)が主催する全日本モトクロス選手権をはじめ各地方選手権や販売店やクラブが主催する草レースが開催されている。また、都市部のスタジアム等に多量の土砂を運び込んでジャンピングスポットに工夫を凝らした特設コースを造り、ショー的要素を大きくしたAMAスーパークロスも北米を中心に興業として多くのファンを集めている。日本では第二次世界大戦後(戦後)に進駐軍によって国内にその原型が伝えられた。当時は駐留軍基地の施設内で開催され、米軍人の趣味や娯楽として行われていたが、日本人レーサーも出場していたという。一斉にスタートラインから飛び出して競われる競技スタイルからスクランブル(緊急発進)になぞらえて「スクランブルレース」と呼ばれた。1959年、第1回スクランブルレースが埼玉県朝霞市で開催。同年、第1回全日本モトクロスが大阪府信太山で開催。この当時のオフロードレーサー(競技用オートバイ)はレース俗称から「スクランブラー」と呼ばれ、市販ロードレーサーモデルのオートバイを軽量化してサスペンションを強化、タイヤを不整地用のダートタイヤに替えたものを使用した。後に市販車の中にもこのスクランブラーとして開発された車種も登場した。しかし、これらのスクランブラーは現在でいうところのモトクロッサーやデュアルパーパスタイプのマシンよりも、車体の基本構造がロードレーサーのそれをベースとしていたため、不整地走破性は現行のモトクロッサーと比べるべくもなく、コースも現在より起伏は控えめであった。後に不整地走破性に特化したモトクロッサーが登場するようになるとスクランブラーは次第に廃れていき、1970年代頃にはモトクロッサーへと置き換わっていった。1970年代末に発売されたスズキ・SP370は、市販車のうちではこういったスクランブラー直系の最後の子孫となった。後に本格的なモトクロッサーやエンデューロマシンが市販車として出回るようになると、これらを使ったモトクロスレースが盛んに行われるようになっていった。草レースレベルでは、しばしば乗用車としてのデュアルパーパスマシンを流用したレースも行われるが、レース専用車も一般のバイクショップで取り寄せなどの形を含め購入可能であり、ワゴン車などをトランスポーターとしてレースに参加する愛好者も見られる。















STAR





Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif