永遠の夢に向かってマネー・フォー・ナッシング

 

マネー・フォー・ナッシング

マネー・フォー・ナッシング

















i-want-my-mtv-cover_convert_20160925013508.jpg
















Dire Straits - Money For Nothing







































「マネー・フォー・ナッシング」(Money for Nothing)は、イギリスのロック・バンド、ダイアー・ストレイツが1985年に発表した楽曲。スタジオ・アルバム『ブラザーズ・イン・アームス』に収録され、同アルバムからの第2弾シングルとしてもリリースされた。歌詞の内容は、MTVに出てくるスターを批判したものである。ダイアー・ストレイツの中心人物であるマーク・ノップラーは、デパートの店内にあるテレビでMTVが映っていた時、店員が登場するミュージシャンの悪口を言っているのを見て、この曲の着想を得たという。歌詞の中にゲイを意味するスラング「faggot」が含まれていることから物議を醸し、マーク・ノップラーは、ロンドンでゲイ向けの新聞を作っている編集者から「卑怯だ」と言われたこともあった。当初はノップラーによるギター・リフから始まるアレンジだったが、キーボーディストのガイ・フレッチャーのアイディアによりイントロが追加された。共同プロデューサーのニール・ドーフスマンによれば、ノップラーのギターを録音する際、まだセットアップが終わっていないにもかかわらず素晴らしいギター・サウンドが得られ、後日パワー・ステーションにおいて同じ機材や条件で試してみても、同じギター・サウンドを作ることはできなかったという。本作のレコーディング中、スティングが休暇で近くを訪れており、スティングはレコーディングに参加することとなった。その後、スティングの音楽出版社が彼の著作権を主張し、スティング自身の反対にかかわらず、この曲はノップラーとスティングの共作としてクレジットされた。ダイアー・ストレイツとスティングは、1985年のライヴエイドでもこの曲を共演しており、その模様は映像作品『ライヴ・エイド』にも収録された。アルバム『ブラザーズ・イン・アームス』のLPでは収録時間は7分04秒であったが、同アルバムのカセットおよびCDには8分26秒のヴァージョンが収録され、12インチ・シングルにもフル・ヴァージョンが収録された。また、7インチ・シングルには4分38秒に編集されたヴァージョンが収録された。















STAR




Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif