サイノス

サイノス

















toyotaynos19913.jpg
















トヨタ自動車株式会社

































トヨタ サイノス (初代 L40 1991-1995)

トヨタは1991年1月21日(月曜日)に、コンパクトカーである4代目「ターセル」及び「コルサ」をベースとした2ドアクーペ「サイノス」を発売。プラットフォームやパワートレインなど基本コンポーネンツをターセル/コルサから流用しながら、スタイリッシュかつコンパクトなスペシャリティクーペに仕立てられた。スタイリングはスラントした低いノーズとヒップアップしたテールエンドが特徴で、乗車定員は4名。ボディサイズは全長4,145mm×全幅1,645mm×全高1,295mmで、全幅はターセル/コルサと同一であったものの、それよりも全長が長く全高の低いクーペに相応しいディメンションを持っていた。ホイールベースは同一の2,380mmで、車両重量は初期型で870~930kg。


エンジン/グレードは2種類

サスペンション形式は、ターセル/コルサと同一のフロント:ストラット式/リア:トレーリングツイストビーム式が踏襲された。駆動方式はフルタイム4WDも用意されたターセル/コルサと異なり、FFのみの設定。エンジンはターセル/コルサにも搭載される、1.5L直4DOHC EFI-D仕様の5E-FE型及び同エンジンに可変吸気システムやデュアルマニホールドを装備した5E-FHE型が用意された。スペックは前者が最高出力105ps/最大トルク12.9kgm、後者が最高出力115ps/最大トルク13.8kgmで、共にターセル/コルサに搭載されたユニットと同一。トランスミッションは、それぞれのエンジンに5速MTと4速トルコン式ATが設定された。10モード燃費は、5E-FE型のMT車が17.2km/L、AT車が14.4km/L、5E-FHE型のMT車が14.8km/L、AT車が12.8km/L。又、ブレーキはフロントがベンチレーテッド・ディスク式、リアがドラム式。グレード体系は、5E-FE型エンジン搭載の「α(アルファ)」と5E-THE型エンジン搭載の「β(ベータ)」の2タイプとシンプルで、後者にはオプションでリア・ディスクブレーキや電子制御サスペンション「TEMS」が設定。


M/Cや一部改良で仕様が向上

そして翌1992年12月に実施されたマイナーチェンジにより、新たに運転席SRSエアバッグシステムやビスカスカップリングLSDが設定された他、ツートンカラーや内装表皮の変更などが行われた。同時に、5E-FE型エンジンのスペックが最高出力100ps/最大トルク12.8kgm。次いで1994年5月に、「α」をベースにリアスポイラーやリアワイパーを装備した特別仕様車「αリミテッド」が発売された。追って同年9月に実施された一部改良では、バニティミラーやカップホルダーが装備されると共に、ホイールキャップのデザイン変更やボディカラーに新色の追加が行われた。そして1995年8月にフルモデルチェンジが実施され、2代目L50型に移行。


車名の意味

英語で「目標」「注目の的」などを意味する「cynosure」から取られた造語。「cynosure」には「北極星」の意もあり、「スターレット」にも掛けた名前でもある。














toyotaCVBVCBCVBCB.jpg






toyotaVVXCBCB.jpg















STAR




Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
YAMAHA SR400  ←YAMAHA SR400 【2016年09月】の更新記事一覧 →マトリックス  マトリックス
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif