YAMAHA SR400

YAMAHA SR400

















feature10001.jpg
















ヤマハ発動機株式会社

































ヤマハ・単気筒エンジン

SR(エスアール)は、ヤマハ発動機が製造・販売している単気筒エンジンを搭載するオートバイのシリーズ車種。 販売当初から大きな変更なく受け継がれるスタイルに全ての年代で人気がある車種。 オートバイの原型とされるスタイル。美しいデザインにファンが多い。SR400は1978年に発売された。 XT500のエンジンをベースに、ショートストローク化して日本の運転免許区分に対応した400ccのエンジンを搭載。足回りなどは数回にわたって変更されたが、2008年まで基本設計とデザインを変更せずに販売し続けたロングセラー車種であった。一度は生産終了となったが、排ガス規制に対応した設計変更を加えて2009年末に再び生産が開始された。現在もカフェレーサーやダートトラッカー風のカスタムなどのベース車として用いられている。モーターマガジン社のバイク雑誌『月刊オートバイ』誌において、1978年10月号に掲載された第一回人気投票ではニューモデルにもかかわらず第10位。 これは当時の現役400ccロードモデル全10車種のうちホーク・ホンダマチックに次ぐ不人気ぶりだった。発売当初はワイヤースポークホイール仕様であり、一時期はアルミキャストホイールへと仕様変更された。しかし、結果的に販売台数は激減し、購買層からの要望もあってスポークホイールへと戻された。その後、売れ行きが落ち込んだとき生産中止が検討されたこともあった。1985年、フロントブレーキをディスクからドラムに変えるという、当時としては異例の退行的モデルチェンジを行った。一見退化ともとれるマイナーチェンジだが、このドラムブレーキ化は当時のディスクブレーキと比較しても性能的にはさほど変わらず、車格と出力からすれば充分な制動性能を備えているものであった。だが雨天の際にブレーキタッチが変化してしまうというドラムブレーキ特有の構造的な弱点(俗に言う「カックンブレーキ」)もあり、スポーツバイクというよりも趣向的なクラシックバイクという面に振られたマイナーチェンジだった。このとき、同時にハンドルがやや低くなり、ステップ位置が後退された。2001年に各種の保安基準が強化され、フロントブレーキがディスクブレーキに再変更された。また自動車排出ガス規制の強化を受け、エアインダクションシステムを採用することで自動車排出ガス規制をクリアした。購入後にユーザーがこのエアインダクションシステムを取り外す事は可能だが、同装置を取り外した状態では車検の検査基準に適合しない。2008年に販売30周年を迎えたが、同年9月の自動車排出ガス規制強化に対応できなかったことから生産を終了した。SR400およびSR500は2008年の生産終了までに累計12万7千台が販売された人気車種であったことから、購買層から規制への対応による復活が期待され、SRの今後をうかがう内容が雑誌などで話題になっていた。生産停止の間にフューエルインジェクションを搭載した環境規制対応モデルが開発され、 2009年の第41回東京モーターショーにおいてSR400(F.I.)として参考出品された後、2010年モデルの SR400 として2009年12月21日に発売された。2010年モデルの希望小売価格は550,000円(税抜)であったが、2013年の発売35周年記念モデルは塗装などを変更した特別仕様にも関わらず謝恩価格として510,000円(税抜)で発売され、2014年モデルからは通常仕様も510,000円(税抜)で発売されている。タイヤは前後ともバイアスタイヤを装着。















STAR





Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
誕生61年  ←誕生61年 【2016年09月】の更新記事一覧 →サイノス  サイノス
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif