永遠の夢に向かってバディ・ホリー

 

バディ・ホリー

バディ・ホリー

















Buddy-Holly2.jpg
















Buddy Holly


















































ジョン・レノンは青年時代、眼鏡をかけることに強い抵抗感を持っていたが、ホリーが「眼鏡をかけたロックンローラー」として堂々と振舞っていたのを見て、人前で眼鏡をかける事を恥と思わなくなったという。

バディ・ホリー(Buddy Holly、1936年9月7日 - 1959年2月3日)は、アメリカのミュージシャン。本名はチャールズ・ハーディン・ホリー(Charles Hardin Holley)。ロックンロール草創期に活躍したことで知られる。しゃくりあげるような裏声を用いて独特のアクセントをかもすヒーカップ唱法や、現代のロックにも通じるギターサウンドや軽快なビートが特徴である。愛用のギターはフェンダー・ストラトキャスターで、アコースティックギターが全盛だった当時は新鮮であった。1960年代にデビューしたミュージシャンには、ホリーの影響でストラトキャスターを手にしたと語る者も少なくない。ホリーのバンド、バディ・ホリー&ザ・クリケッツはギター2本とベース、ドラムスでバンドを編成し、後のバンドの基本的な形となった。当時はロックでもいわゆるビッグバンドスタイルが主流だったが、金がない彼らは、巡業では4人のバンドメンバーだけで演奏することが多く、結果的にそのスタイルが定着した。最悪、バディとドラムのジェリー・アリソンだけで回ったこともある。ホリーが表舞台で活躍した期間は1950年代末期から死去するまでの実質2年間あまりだったが、そのわずかな期間にもザ・ビートルズ、ザ・ローリング・ストーンズ、サーチャーズ、ホリーズを始めとする60年代のロックバンドに極めて多大な影響を与え、70年代以降のミュージシャンにも影響を見出すことができる。ただし、ホリーは22歳の若さで死去したため自身がその功績を知ることはなかった。活動後期にはヴォーカルのダブル・トラックやストリングスの導入など、レコーディング・テクニックの可能性を追求し始めた。存命し続けていればさらなる音楽的発展が期待できたとも言われており、今尚その早すぎる死を惜しむ声は多い。1986年に、ロックの殿堂入りを果たした。ホリーズのバンド名は、ホリーにちなむ。またビートルズはクリケッツのように2つの意味を持つ昆虫を考え、「Beatles」と綴り、発音からは昆虫を、スペルからはビートを想像させる名前を考えた。















Buddy-Holly-rides-the-bus_convert_20160919022101.jpg






ffe83bdd091e5ad572c11f053c105e9d_convert_20160919022044.jpg

















STAR




Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif