サムシング

サムシング

















540x709x9c0d118f677a2028d6a224f1.jpg
















The Beatles - Something































曲へのインスピレーション

パティ・ボイドはジョージ・ハリスンのビートルズとしての楽曲、「サムシング」にインスピレーションを与えた。この曲はフランク・シナトラにここ50年で最高のラブソングと言わしめたほどであり、ジョージ・ハリスンの代表曲と呼ばれている。パティ・ボイドはジョージ・ハリスンが「サムシング」を彼女のために書いたと言ったとしているが、二人が離別した後は、ジョージ・ハリスンはレイ・チャールズのための曲を考えていたと言っている。パティ・ボイドはまた「ベル・ボトム・ブルース」にもインスピレーションを与えたとしている。伝えられるところによれば、エリック・クラプトンがマイアミへの旅行帰りに彼女にジーンズをプレゼントした後にこの曲を書いたということである。これは同じアルバムの「いとしのレイラ」にも現れている。この曲名はエリック・クラプトンが友人から聞いたペルシアに伝わる報われない愛の物語『ライラとマジュヌーン』から取られている。1976年9月7日に、エリック・クラプトンはポール・マッカートニーとリンダ・マッカートニーの年一度のバディ・ホリーパーティへのパティ・ボイドの準備が済むのを待っている間に、ワンダフル・トゥナイトを書いた。「ワンダフル・トゥナイト」について、パティ・ボイドは「私は何年もあの曲に傷つけられているわ。エリック・クラプトン、その前はジョージ・ハリスンにああいう曲を書く刺激を与えたことは私にとってとても嬉しかった。『ワンダフル・トゥナイト』は二人の関係を最も強く思い出させるの。だから、うまくいかなくなってしまった今では聴くことがとても苦痛だわ。」と言った。

「サムシング」("Something")は、1969年9月にビートルズが発表したイギリス盤公式オリジナル・アルバム『アビイ・ロード』の収録曲であり、同年10月にシングル・カットされ21枚目のオリジナル・シングル曲ともなった。シングル盤は両A面曲で片面は「カム・トゥゲザー」である。ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500では273位にランクされている。ジョージ・ハリスンの作品。リードボーカルもジョージ。ビートルズ時代の公式発表曲の中で唯一シングルのA面収録曲となったジョージの作品であり、ビートルズ、並びに彼の代表作として知られる。この曲の最初の原型を作り始めたのは、アルバム『ザ・ビートルズ』のレコーディング・セッション中である(ポール・マッカートニーがオーバー・ダビング作業にかかりっきりになっている間、無人のスタジオに篭って書きはじめた)が、作業もほとんど終盤に差し掛かった時期であったため、収録に間に合わなかった。ジョージは、この曲をゲット・バック・セッションの際にレコーディングすることも考えたが、雰囲気の悪いプロジェクトの中で粗雑(そざつ)に扱われることを嫌い、見送った。曲の冒頭の歌詞は、当時アップル・レコードに属していたジェームス・テイラーの楽曲である彼女の言葉のやさしい響きから引用されている。

パティ・ボイド(Patricia Anne Boyd)は、イギリスのモデル、写真家。ジョージ・ハリスンとエリック・クラプトンの前妻として著名である。ハリスンの「サムシング」および「フォー・ユー・ブルー」、クラプトンの「いとしのレイラ」、「ワンダフル・トゥナイト」 や「ベル・ボトム・ブルース」といったラブソングにインスピレーションを与えた。サマセットのトーントンで、コリン・イアン・ラングドン・ボイド (Colin Ian Langdon Boyd) とダイアナ・フランシス・ドライスデール(Diana Frances Drysdale)(1942年8月結婚)の間に産まれる。長女であり、コリン(1946年)、ヘレン・メアリー(1947年、後にジェニーと呼ばれ、ミック・フリートウッドと結婚する)、ポーラ(1951年)の3人の妹がいる。ボイドは彼女のお気に入りの人形の名前からヘレン・ジェニーと呼ばれていた。パイロットであった彼女の父親が第二次世界大戦での負傷によりイギリス空軍から除隊された後、1948年から1953年の間、ボイドはケニアのナイロビに居住した。両親は1952年に離婚し、母ダイアナは1953年にタンガニーカ(現在のタンザニア)にてロバート・ゲイマー・ジョーンズ (Rober Gaymer-Jones)と再婚。その後2人は4人の子供を連れてイギリスへと帰郷する。夫婦はその後デヴィッド J.B.(1954年)とロバート・ジュニア(1955年)の二人の子供をもうけた。彼らはパティの義兄弟にあたる。パティ自身は修道院付属の寄宿学校に1961年まで所属したのち、1962年にロンドンへ移住。ロンドンでファッション雑誌にスカウトされ、モデルとしての活動を始めた。初の仕事はエリザベス・アーデンのシャンプーの宣伝だった。1962年からファッションモデルとしての活動を開始。ボイドはやや出っ歯であったため、当初はカメラマンたちに受け入れられず、中には「モデルたちはウサギに似てなどいない(ウサギのような前歯のボイドはモデルにふさわしくない)」という人までいた。しかし数年の活動を経てモデルとして受け入れられ、ロンドン、ニューヨーク、パリ(マリー・クワント等)でモデルとして活躍した。撮影は主にデヴィド・ベイリー(David Bailey)やテレンス・ドノヴァン(Terence Donovan)といったカメラマンが行った。1964年には、ヴォーグのイギリス版およびイタリア版の表紙に登場[5]。ジョージ・ハリスンの恋人になった後は、グロリア・スタヴァーズ (Gloria Stavers) からシックスティーン・マガジンに連載を持つ話を持ちかけられる。 1960年代の人気モデルであるツイッギーは、1966年にモデル業を始めた時に、ボイドのスタイルを参考にしていると発言した。














STAR


Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
"Love Me Do"  ← 【2016年09月】の更新記事一覧 →電気の武者  電気の武者
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif