永遠の夢に向かってパーフェクト ストーム

 

パーフェクト ストーム

パーフェクト ストーム















映画好きにとって、近所に映画館が出来るってことは、大変なことである。そんな一大事が当時、起きた。今は知らないが、若い人にとって土曜日は特別である(と思っている)。そんな週末を過ごす時、きらきらと輝くような新しくて美しい映画館、自分には、とってもお気に入りの特別な場所である(今も営業しているが、その数年後に、さらにご近所に映画館が出来て、ここには、なかなか足が遠のいたが、たまに行くと、もう、懐かしくて走馬灯のように観た映画や当時の思い出が頭をいっぱいにしてくれる、今でも自分にとっては特別な場所である)。そんな思い出深い日々に、この映画『パーフェクト ストーム』をはじめたくさんたくさん観たひとつ。ジョージ・クルーニーがもう渋くてかっこいい。マーク・ウォールバーグ、ウィリアム・フィクナー、ダイアン・レインなどすばらしい演技に引き込まれ当時の記憶を鮮明に呼び起こしてくれる自分にとっては最高の1本である。















1vdvcvcvcvcvc.jpg
















Perfect Storm 2000

















































『パーフェクト ストーム』(The Perfect Storm)は、2000年制作のアメリカ映画。「パーフェクト・ストーム」は複数の厄災が同時に起こって破滅的な事態に至ることを意味し、リーマン・ショックなどにも比喩的に使われる。1997年にセバスチャン・ユンガーが実話を元に執筆したノンフィクション小説『パーフェクトストーム -史上最悪の暴風に消えた漁船の運命』の映画化作品。セバスチャン・ユンガーの『パーフェクト・ストーム』は、この大嵐で行方不明になったアンドレア・ゲイル号を巡る人々を描いた書籍である。乗っていた20歳代から30歳代の漁師らがどのように育って漁師となりどのように生活を行ってきたかが描かれ、航海の背景、大嵐、アメリカ・カナダの沿岸警備隊による捜索活動が描かれる。1991年9月、マサチューセッツ州グロスターに、一艘のメカジキ漁船 - アンドレア・ゲイル号 - が到着した。不漁に悩む船長のビリーは、戻ったばかりの仲間達を説き伏せて再び漁に出る。彼らは遠方の漁場へ足を伸ばし、グランドバンクの東方にあるフレミッシュ・キャップに入り、期待通りの大収穫を収めたが、船内の製氷機が故障するというアクシデントが発生する。さらにこの時、ノーイースターと呼ばれる嵐に加えてハリケーンも接近しているという報道を聞いて、漁を諦め急ぎ帰路に就いた彼らだが、ノーイースターとハリケーンが融合し、巨大な嵐“パーフェクト・ストーム”(1991 Halloween Nor'easter)が発生した。アンドレア・ゲイル号は大嵐の中心に遭遇する。気象図で天候を予測したリンダはビリーに警告を与えたが、遅かった。ビリーらクルーは、必死に大嵐と戦い、一度は最悪の状況から脱したかに見えた。しかし容赦のない大波が再び迫り、船を飲み込んでしまう。















thstorm.png
















STAR




Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif