永遠の夢に向かってイット・ウォント・ビー・ロング

 

イット・ウォント・ビー・ロング

イット・ウォント・ビー・ロング

















WithTheBeatlesvvxzcvxcvxzcv.jpg


















The BEATLES Website | ザ・ビートルズ・ウェブサイト







































「イット・ウォント・ビー・ロング」("It Won't Be Long")はイギリスのロック・バンド、ビートルズの楽曲である。本作は1963年11月22日に発売された2作目のイギリス盤公式オリジナル・アルバム『ウィズ・ザ・ビートルズ』のA面1曲目に収録された。レノン=マッカートニーの作。実質的にはジョン・レノンの作品とされる。リード・ヴォーカルはジョン・レノン。ジョン・レノンは本作に関し「これも僕。二枚目のアルバムに入れた。これは特殊な効果音を使っていて、エンディングは正にクラシックのマーラーによるシンフォニーの終わり方なんだ。でも本当はいったい全体それがどんなことか僕にはわからない。」と語っている。本作はもともとシングル用に制作されたが、「失敗するかも」という理由でアルバムに回されたという。初期のビートルズの楽曲には欠かせない“Yeah! Yeah!”というコーラスとの掛け合いが特徴的な楽曲である。ちなみにこのコーラスはジョージ・ハリスンとポール・マッカートニーによるものであり、ジョージがコーラスを歌い損ねている箇所がある。ジョンの長男ジュリアン・レノンが、1980年代にこの曲をコンサートで歌っていたこともあった。ニール・ヤングが人前ではじめて歌った曲でもある。














STAR





Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif